意外なハグ

正月、父と母の住む兵庫県の実家に私家族、妹と妹の婚約者が集まった時のこと。

豪勢な夕食の後、父、私の夫、妹の婚約者という男3人の飲み会が始まった。父は家族で飲むのをいつも心待ちにしていて、この日のために普段よりワンランク上のウイスキーを準備していた。「おいしい!」、「おいしい!」と夫と妹の婚約者が褒めるため、父も上機嫌で杯を重ねた。

3人ともかなり酔いが回ったときのことだった。父がこう切り出した。

「2人に言っておきたいことがある。娘たちを抱きしめてあげてほしい。」

私と妹は顔を見合わせた。今までそんな言葉を父から聞いたことは一度もなかった。

サラリーマンをしていた父はかなり細かい性格で、私たちが子供の頃、食事のマナーで厳しく叱られるため、夕食の時間は父から怒られないように、ものをこぼさないで食べるのに必死で、食事の時間は憂鬱だった。

そんな厳しい父に反発し、妹は中学生の時不良グループに入り、我が家はかなり荒れた。

私はそんな家から早く出たくて、大学から一人暮らしをして家を出た。

そんな父がハグ?抱きしめるだと???

父はこう続けた。

「娘たちが小さい頃、私は抱きしめてあげることができなかった。」

父は朝早くから夜遅くまで家族のために働き、帰宅が遅かった。育児も当時の父親としては積極的に分担し、日曜日はよくあちこちに電車で連れて行ってくれた。しかし、確かに父に抱きしめられたのは記憶にない。

日本の当時の育児書には、子どもを抱きしめてあげると自己肯定感が育つなど、書いていなかったはずだ。

父が私たちが巣立った後、何かの本を読んで取り入れた知識なのだろう。

その子育て終了時から現在までの父の学びがうれしかった。

その日ウイスキーが進んだ3人はきっと覚えていないが、私の記憶には一生残るエピソードだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

より良い発信ができるように、体験や知識に投資させていただきます\(^o^)/

スキありがとうございます!
3

ayame

身体を使って書くクリエイティブライティング講座作品集

2018/1/21「身体を使って書くクリエイティブライティング講座」vol.4での作品集です。ファシリテーター:小野美由紀さん(作家)、矢野青剣さん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。