決意表明(推敲版)

過去のつらい経験からのメッセージは、「我慢しなくていい」、「自分の好きに生きていい」である。

会社員時代、私はつらかった。自分の感情を無視していたためである。

新卒で入社した会社で、新人研修では集団生活になじめず、ストレス性の難聴となった。1年目には厳しい上司の叱責で顔中にニキビが発生。10年目には長時間労働が当たり前なのに加え、上司のプレッシャーが重い職場で、甘いものがやめられなくなった。最後には体が悲鳴をあげ、逃げるように転職した。

それぞれの場面で、「つらい」と感じたときに、「なぜつらいのか?」「それはどういう時に感じるのか?」などと自分の感情を見ていなかった。

それに加えて、当時は「ちゃんとしないといけない」、「私が頑張らなければいけない」と思っていた。体が病気になるまで、ストレスを抱え込んでいたのである。

今は自分の心と体を大事にしたい。

我慢する必要はなく、無理だったら上司に「ここまではできるけど、ここからはできません」と言えば良いし、「休みたい」と伝えても良い。会社やめずに問題解決を図っても良いし、会社を去る決断をしても良い。全ては自分次第、自分で選んで良いのである。

現在、会社員として働きながら起業し、自分のビジネスを持っている。他人から「いつ独立するのか?」、このまま副業で行くのか?」とよく聞かれる。どうしたらいいものかとモヤモヤ悩んでいたが、自分の好きに生き、やりたいに従うことに決めた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

より良い発信ができるように、体験や知識に投資させていただきます\(^o^)/

スキありがとうございます!
3

ayame

身体を使って書くクリエイティブライティング講座作品集

2018/1/21「身体を使って書くクリエイティブライティング講座」vol.4での作品集です。ファシリテーター:小野美由紀さん(作家)、矢野青剣さん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。