となりの起業女子「あやにーブチ切れ」編

お久しぶりの地獄耳シリーズとなりました。
皆様いかがおすごしですか?

私は今アレルギーという名の猛威に倒れ
ベッドでぐったりしながら
お送りします。

先日、これまた一人でカフェへ。
そこはすごく内装がオシャレなお店で
Wi-FiもコンセントもFreeなので
週末ちょこちょこ足を運んでいるお店です。

そんな中、この日は満席。
運良く座れた私はパソコン片手に
メールを返していました。

「いや、花子さん(仮)
本当にいいコンサルしますよね!」
「ブログのアクセス増えましたよ!」
カフェの棚を隔てて、向こう側に座る女性2人の
話が耳に入ってきました。
どうやら最近よく見かけるFacebookキラキラ起業女子らしい。

自撮りはブランディングです!
マーケティング得意です!
みたいな。
まぁ、いろんな人がいますよね。

私としては否定も肯定もしません。
ちょっと住む世界が違うとは思いますが。

「先月は○○さんのセミナーで教えてもらって
フリマアプリで5万円稼げたんです!」
⇒仕入れ価格の方が高いから稼ぎじゃないけどな。
「わーすごい!私も参加したかったんです!
あのセミナー!!次参加してみようかな?」

「でも、△△さんのラブ育成セミナーも気になってて~!」

セミナー、セミナー、セミナー・・・
ど素人同士がセミナーで教え合って
意味があるのかしら。(毒)

「ラブセミナーなら私もやってあげるよ~」
「えーお願いしたいです!」
「2時間12000円だけど」
「安ーい!!」

マジか。。。

素人セミナーって本当に言い値だし
みんなもっとちゃんと見極めてーーー!
と思うんですが。

あまり気にせず、パソコンに向かっていたのですが
彼女たちは急にガシャッ!ガシャッ!と
一眼レフでプロフィール撮影を始めました。

「アクセサリーもあるんですけど」
「じゃあ、あるバージョンとないバージョン
どっちも撮りましょう!!
まず、立ってもらっていいですか?
壁のアート入る感じで!」

いやいやいや...
満席のカフェで周りへの配慮ゼロで
写真を取り出す起業女子たち。

そもそも、許可なくカフェで撮影するのは
もちろんNGな行為だし
となりの席の人もビックリしています。

店内は満席で、たくさんの人がいて。
背景にはその人たちも映っています
(ボケてるのかもしれないけど)

そして、カメラの音がたえまないって気になりません?落ち着いたカフェなのに...。

「次は、こっちの壁行きましょうか?背景可愛いから!」
2人ともすごく楽しそうに撮影をしているけど
周りはとっても迷惑そう...

カメラマン役の人はとうとう
私の席まで来て撮影を始めました。

「きゃーその角度可愛い!すてきー!」
「目は伏せてみましょう!」
「これ絶対ブログでウケますよーーー!」


ぷつん。

「あの・・・

ここではやめてください・・・」

彼女たちはシーーーーン。


その後「すみません~・・・」謝られましたが
悪そびれることなく、席に戻り、また撮影。
ずっとシャッターを切る音が止まないまま。


ブチッ・・・・


何枚撮ったってブスはブス!!!

自撮りがブランディングになるのは

よっぽどの美人だけですよ。


そもそもどこでも自撮りして

周りの迷惑考えない人は

ブランディングする前にやることあるだろ。



店員の人が再度注意してくれたのですが
その後も続き、静かな癒しの時間は壊されたのです。
許すまじ。

実は起業女子にブチ切れるのは2回目。
前回は外資系ホテルのラウンジで
友人と久々の再開をし、くつろいでいた時に

大声で騒ぎながら自撮りを続ける起業女子のセミナーグループに、スタッフの方を経由し、注意してもらった事が。

大勢になると「自分だけの世界」になりがちだけど
起業女子の自分たちのことしか興味がないのは
ちょっと異常だと思っています。

そもそも、まわりのことが見えない人が
成功するはずなんてありません。
気遣いの基本でしょう。

そういう人が集まるところは行きたくない。と
できるだけそういったところを避けるのですが
最近本当にホテルのラウンジでセミナーをしている
迷惑なお客様も多い気がします。
ドリンク1杯で何時間も居座る根性・・・

すこしでも稼ぎたいと思うのなら
ホテルのラウンジで1000円のコーヒーを
飲んでいる場合じゃないと思いますけどね。

このとなりの女性から学ぶのは
①ど素人セミナーに参加する必要はなし!
②人の迷惑を考えない起業女子になるな!

とにかく私の起業女子嫌いは、こういう小さな「図々しさ」と「モラルのなさ」から来ております。

本当に仕事を長い目でしていきたいなら
そういうところから勉強し直していただきたいと思います。

2016/3/4
追記したい思いを書きました。
こちらからどうぞ。

-------

そのほかの地獄耳記録はこちらからどうぞ。
エスプレッソと東京」や
ネットワークビジネスと人間力」もぜひ。
私のトンデモ記録です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださりありがとうございます!面白かったらいいね!超おもしろければサポートいただけると嬉しいです!これからもがんばります。

135

あやにー

となりの男女~地獄耳オンナの記録簿~

地獄耳を持った三十路オンナが 偶然聞こえてしまった忘れられない となりの男女を書いています。
1つのマガジンに含まれています

コメント28件

なりこさん→有難うございます( ;∀;)おそ松さんにはまっていまして、思わずシェー!と。((´∀`*))
miho0902さん→有難うございます!読んだ後、しっかり隣の会話が気になりだしたら中毒症状です!((´∀`*)) ぜひまた笑いのお手伝いができたらうれしいです。有難うございます
hanru53さん→確かにそうなのかもしれません。働くという形は変わってきましたよね。
ぜひシェーーーーのときはポーズもつけていただいて!
またぜひ読んでくださるとうれしいです。
フォローさせていただきました^^宜しくお願いします。
全く同感です。出向先の会社、ネットショップをフォローする仕事をしていたのですが、
方向変換、「セミナー」をやる女社長になってしまって、そのフォローをするのに壁壁しています>,<
立派なことを言っているのですが、その人に傷つけられて辞めていった社員が何人いたかと思うともう詐欺の気分です。
と、溜まっていたものを吐き出させていただいてすみません!
スキルアップ、知識のためと、違う楽しみ方を見つけて仕事頑張ります^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。