スクリーンショット_2019-06-25_15

あやのえみりの起業に至った経歴


株式会社チルアウトジャパン代表取締役 彩野絵美莉です。
只今、恵比寿リンパマッサージサロン スローライフ の経営、そして銀座・台湾・香港・シンガポールに展開する小顔矯正・美肌サロンFacia GINZAの創始者として活動しております。

恵比寿リンパマッサージサロン スローライフ を開業したのか、お読み頂けると嬉しいです。

________________________________

生まれ育った地 福岡

わたしの生まれ育った場所は福岡県の田舎。
自然と適度な都会の中、心温かい人情味厚い人たちの中で育ってきました。
大学まで福岡でしたので、小さい頃からの友人+αで友達が増え続ける日々でした。

社会人となり上京
大学の頃から経営学を学び、なんとなく自分で何か事業をしたいと思っていたわたし。

ビジネスをするなら、中心から攻めないと!!と思い、
どうしても上京したく、今や上場企業となる飲食店の広告サイト会社に就職。
知り合いゼロ、友人も殆ど上京しない中で、なんとか友人や知り合いをつくろうと、営業職を希望。自分で事業をするのにひとまず営業はできないとダメなんじゃないかと思ったものありました。

しかし・・・

営業で、日々忙しい毎日。夜の食事会があるとき以外は、いつも終電間際・・

プレッシャーといつも戦い、数字を追われる毎日。。

自分の時間ない!!忙しすぎて、どんどんブサイクになっていく!!
美容に時間かけたいのに、それどころじゃない!!
パソコンと外回り営業で、肩は凝る、脚はパンパン・・・こんなの自分じゃない!!恋どころじゃないわ(涙)これじゃ何の為に上京したのやら・・

久々の地元福岡は何も変わってなかった・・
8月お盆休み、やっと地元に帰れた~(>_<) 家族・地元の友達と逢えた~★
あれあれ、私これだけ東京で頑張っていたのに、地元って変わってない。(これは体験した人しか分からない、なんとも伝えずらい感覚です)
私これだけ東京で頑張っていたのに、誰からも評価されない。

むしろ「なんだか疲れてて可哀想・・」と言われ。

私、なんの為に上京したのだろうか。こんな可哀想な思いになるため!!??
福岡では広い綺麗なマンションに住んでいたのに、東京では日当たり悪い、狭い、コーポ。
福岡のみんなは、ゆとりのある生活。すっごい幸せそう。

この感覚は月と地球だ!!!!(東京にいる私の世界と福岡にいる世界がそれだけ違うということ)とわたしはよく表現していました。笑。

東京の〝人=アイデンティティー” は、仕事あってからのもの。
福岡の〝人=アイデンティティー” は、趣味や家族、その人のキャラクター、決して仕事があってからのものではないと。

それになんだか違和感を感じ、『東京人って、仕事がなくなったら、何者になるんだろう。仕事に左右されすぎ。特にサラリーマン。会社の枠にハマって、自分自身ってものがないのかなーー可哀想、人生楽しいのかなぁ』と正直感じてしまいました。

一方、地元福岡の友人は仕事もせずダラダラしている人もいて、わたしの懸命に働いている姿に刺激を受けやる気になる人も多々いて・・・
『福岡の皆は逆に働いてほしいなぁ』って感じることも。

東京と福岡の人の価値観が違いすぎて、これは都心と田舎の違い??先進国と発展途上国との違い??深く考えることに。。

「都会の人にゆとりと心の温かさを。田舎の人に経済の成長と発展へ導く協力体制を」

そうすれば、人間としても満足度は上がり、バランスのとれるようになるのではないかと。

リンパマッサージと縁のある方々との出会い
社会人になって2年、そろそろ自分しかできない仕事がしたい。そして、たくさんありがとうを言って頂ける仕事に就きたいと思い、
未経験ながら、リンパマッサージを通じて人々に喜んでもらおうと技術を習得。

それは忙しい営業職の時代に、近所の個人サロンに行き、心温かいサロンオーナーさん施術され、心も身体もすっきりして幸せな気持ちになったことがきっかけでした。

同時に、女性起業家として、憧れの社長さんと営業時代のクライアントさんを通じて出会い、
一緒に、人と人が集まるホットな出会いの場を提供していました。

『HOT BAR』
上京して間もないわたしにとって、たくさんのお友達や私の夢を応援してくれる方々に出会うことができました。今でもそこでお会いした方々がいて、夢が叶っているのだなと思い、感謝を忘れることはありません。

上京して2年目の私にとって、すごい大人達ばかり・・

起業のチャンスを与えてくれた、尊敬なる女性社長の渡辺真衣さん。

起業 個人サロンオープン
技術を習得しながら、個人サロンと都内数店舗あるサロンに勤めていて、同時にダブルワークだったりと寝る間も惜しみ働いていた時のこと、

Hot Barを一緒にしている大尊敬している女性社長さんの事務所が恵比寿にある一軒家に移転し、皆が集まるホットな場所をつくるという時、

『えみちゃんサロンっぽい部屋があるからそこでサロンしない??』

と。 まだまだサロン業は自身がなかった為、少し戸惑いましたが、
サロンをどうしても開きたいと思う気持ちが大きく、
ほぼ即決で起業することに。

部屋を借りたらすぐに売上が立つと思いきや、内装や備品の設置、メニューつくり、ホームページやちらしの作成、そして今で毎月定期的に入っているサラリーマンの給与をやめること。精神面でも決心が必要で、結局物件を借りてサラリーマンを辞め自分のサロンに専念することに4ヶ月かかりました。

1軒屋の5畳の1室にある自然を基調とした施術ルーム

初めて手作りで作ったロゴとちらし

そして、~恵比寿隠れ家リンパマッサーサロン スローライフ~

都会の人に私のかつてから抱いているメッセージを伝えるべく、この店名にしました。
「身体の毒素をデトックスし、心も自分自身の本来の姿を見つめなおす」

こんな時間と場所が提供できればという思いで開業しました。

その思いが伝わったのか、全くのゼロ顧客から始まったにも関わらず、今では嬉しいことに私の技術に満足して頂き、たくさんのお客様から支援して頂いております。

当時、大手エステサロンに施術を受けに行っても、セラピストの心を感じず、機械だけに頼り、中々感動するおもてなしに出会わず、私の肩こりは思った程解消されず・・もっと良いサービスができたら良いのに。と感じていました。

それもあり、マッサージを研究には時間を惜しみませんでした。都内100店舗程のサロンの施術を受けに行き、良い技術があれば、自分が体感で残っているうちにノートに絵で起こし、すぐに知人やスタッフの身体をモデルに使い技術を再現する。その繰り返し。感覚で感じる、気持ち良い身体のツボはないか、指のタッチや方向性でハッと感じるものはないか、常に研究です。

この研究を続けているうちに、気持ちよい且つ結果の出る施術を創りあげ、沢山の評価や口コミを頂いてきたのかなと思っております。

スタッフが増え賑やかに
独立から1年、間借りの場所から独自の物件でサロンを移転することに。

木と緑を基調とした明るいサロンリビング。

この写真じゃ収まりきらないほどの移転オープンのお花を沢山頂きました。

オープニングパーティーにはこのマンションサロンに一気に50人という人がいらしてくれて、

靴が玄関外にズラッと並ぶという、申し訳ないマンションの噂に・・


施術ファンは、お客様だけでなく、一緒に働いてその技術をわたしも提供したい!という若い子達も増えていき、今では小さなサロンですが、わたしと店長、他スタッフ数名と賑やかで楽しいアットホームサロンになっております。

人材=人財

人は宝です。スタッフが増えていてきる今は、人材教育や従業員満足をテーマに日々邁進しております。

そのスタッフの先に顧客がいて、今やスタッフがそれぞれ独自の顧客満足を考えてくれるはずです。

そのスタッフ達を大事に、そして時には突き放し育てています。

また、スタッフだけではなく、応援してくれている取引先やビジネスの先輩方の力も多く、ここまでつくるあげてきたので、感謝の恩返しも少しずつできたらなと思っております。

各々のスローライフ(=自分らしく生きること)を実現させたい
わたしのスローライフ=マイペースで自分の好きなことをする

これです。

皆さんのスローライフは何ですか??

それが分かっている方、まだ分からない方いらっしゃると思いますが、

分かっていない方の手助けも行っていきます。

女性の独立支援、マッサージ講習、海外旅行ツアー、などなど・・

そんなツールを使って、皆さまの心の巣スローライフを見つけだす手助けができればと思っております。

株式会社チルアウトジャパン  代表取締役 彩野絵美莉

#起業ママ #彩野絵美莉 #あやのえみり #創業者 #創始者 #サロンオーナー #エステオーナー #女性起業家 #海外移住 #海外子育て #起業 #起業家 #インドエステ #小顔矯正 #チルアウト #スローライフ #事業譲渡 #創業メンバー #スタートアップ #引退 #世界を駆け回るセラピスト募集中


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

彩野絵美莉@サロンオーナー・2歳児ママ・海外移住・イビサ好き

◆強圧痩身・小顔矯正 スローライフ恵比寿 代表 ◆小顔矯正/美肌 Facia銀座・台北・香港・シンガポール・フィリピン 創始者 ◆1児のママ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。