見出し画像

『景観の邪魔』AプロとBプロの違いについて

こんにちは、青年団リンク キュイ主宰の綾門です。

http://www.komaba-agora.com/play/8503

『景観の邪魔』ウェブページの紹介に最初は記載しようと思っていましたが、割と長くなりそうだったのでこちらに移しました。

今回の公演『景観の邪魔』はAプロとBプロがありまして、どちらの稽古も進めている最中なのですが、そう聞いて恐らく想像する「同じ台本をキャスト違いで上演」ということとは種類が異なりますので、この文章はその説明になります。

まず、はじめに構想したAプロとBプロの前提は以下です。

◎Aプログラム

出演者3名

初演『景観の邪魔』の戯曲と橋本清の構成台本をベースにリクリエーション

(上演時間50-60分程度を予定)

◎Bプログラ厶

出演者6名

初演『景観の邪魔』の戯曲に、新たな地域のエピソードを加筆し、長編化したテキストを橋本清が新たに構成し直した台本をベースにリクリエーション

(上演時間は未定)


初演の際の戯曲はこちらよりダウンロード可能です。

http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventworkshop/keikan.pdf

読んでいただくとわかるのですが(面倒であれば冒頭だけでも)、この戯曲の大きな特徴として「シーンの上演順が安定しない」というものがあります。なので、綾門優季の戯曲と、演出・橋本清の上演台本というのはぜんぜん違うものになります。

イメージとしては、僕の戯曲がテトリス本体だとすると、それらのピースをどう並べるかは稽古場次第、という感じでしょうか。テトリスだと消えちゃうので、例えとしてアレかもしれませんが。

加筆したシーンはすべて、東京の外からみた東京、というテーマに沿って書きました(というかまだ書いているので、こちらは未公開です)。誘発のためのStudy Groupで小山都市雄さんと大阪のシーンを、急な坂スタジオで山下恵実さんと神奈川のシーンをワークインプログレスで新たに加筆して発表、その時の観客の方からのフィードバックを踏まえて更に書き直したものに、橋本さんと相談しながら新たに加筆したシーンが入って今回、Bプロで上演されます。

戯曲上では、Aプロは東京の中だけで世界は完結していますが、Bプロは東京の中と外を行ったり来たりすることになります。

ただそれは、あくまでも出発点である戯曲がそうなだけであって、稽古でどうなるかはわかりません。現場はすべからくそういうものです。劇作家が出来るのはあくまでも「美味しい料理が出来そうな仕込み」までです。

稽古をはじめたばかりなのでまだどうなるか僕にもわからないのですが、ひとつ言えるのは、セリフの大部分は共通している、ぜんぜん違う2つの『景観の邪魔』というタイトルの芝居が同時期に上演されるということです。

出来ればどちらも観に来てください!
そしていっしょに、東京の未来に思いを馳せていただけますとありがたいです。

ご来場、心よりお待ちしております。

2019年9月24日
綾門優季

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ayatoyuuki

キュイ主宰。劇作家。青年団演出部。 仕事のご依頼はcui99iuc@gmail.com にお願いいたします。 ◎連載 急な坂スタジオWEB 「余計なお世話です」 https://kyunasaka.jp/archives/6488
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。