戯曲連載プロジェクトについて

○戯曲を純粋に書いてみたくなりました。

ここで言う「純粋に」というのは、戯曲を書く以外の条件に、縛られないということです。上演が決まっていれば、数々の条件を多かれ少なかれ気にしてしまうことがあります。俳優や演出家が決まっていれば、それぞれの特徴が無意識のうちに戯曲に反映してしまうこともあるでしょう。

「純粋に」戯曲を書いたのは、『不眠普及』の第二幕を書いたときぐらいでしょうか(第一幕は蜂巣ももさんの演出で初演を迎えました)。第二幕は、大学の卒業制作として執筆されました。結局その戯曲はせんだい短編戯曲賞大賞を受賞し、二年後にキュイ三都市ツアーで広く見られることになるのですが、上演に向けてではなく戯曲を書くという行為が、こんなにも違う手触りを残すものなのかと驚いたことは、今でもよく覚えています。

というわけで、2018年の4月から12月まで、戯曲の連載を行います。はじめに連載する戯曲のタイトルは『ダイレクト』です。12月まで『ダイレクト』のみを連載し続けるかもしれないし、書き終わって別の戯曲の連載を始めるかもしれません。それらの戯曲は来年以降に上演されるかもしれません。全ては未定ですが、未定だからこその面白さ、今年1年の思いつきを気軽に試す場にしようと考えています。

○無料で読める戯曲を公開しておこうと思います。

『せんだい短編戯曲賞大賞2013』で『止まらない子供たちが轢かれてゆく』、『せんだい短編戯曲賞大賞2015』で『不眠普及』、『紙背』ニ号で『TTTTT』。現在、自分の戯曲が収録され、購入できるのはこの三冊ですが、はじめて綾門の、キュイの存在を知ったひとがいきなり戯曲集を購入するところまで関心を持つ、というのは難しいことでしょう。

手始めに、2018年1月21日、『きれいごと、なきごと、ねごと、』パート1を公開しました。

『きれいごと、なきごと、ねごと、』パート1(戯曲)
https://note.mu/ayatoyuuki/n/nf62d5766f775

2月にパート2、3月にパート3を公開する予定です。パート3までで戯曲のすべてを公開することになります。はじめましての方は、まず公開されている一本の戯曲を読んでみてください。もし興味を抱けましたら、その戯曲の上演が4月6日から15日まで、アトリエ春風舎というところで行われますので、ご検討いただけますと幸いです。

http://www.komaba-agora.com/play/6771

2018年1月から12月まで、新旧問わず、戯曲は更新され続けます。
1年後の上演、10年後の上演、100年後の上演を待ち続ける、宛先のない手紙として。

○上演をご検討されているかたへ

上演をご希望される場合は有料、無料公演問わず、
下記の連絡先までご連絡いただきますようお願いいたします。
cui99iuc@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

ayatoyuuki

戯曲連載プロジェクト

これまでに執筆した戯曲を掲載したり、これから上演する戯曲を連載したりします。2018年1月から12月まで、毎月公開していきます。サボらなければ、12回更新され、すべての戯曲を無料で読めるようになります。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。