株式会社ブクログを退職します

年内で株式会社ブクログを退職し、取締役も辞任します。
最終出社日は12月28日です。明日です。

通算して7年半ぐらいブクログに関わってました。
以下ざっくりしたタイムラインです。

2011年6月:paperboy&co.入社
2012年6月:株式会社ブクログ設立と同時に出向
2014年4月:取締役就任
2016年1月:親会社がGMOペパボからブックオフコーポレーションに
2016年4月:オフィスが青山ブックセンター内に移転
2016年9月:GMOペパボ退職

ブクログで、どんなことをやっていたのか?

2011年3月の大震災があったりで、前職の編集プロダクションを辞めることになり、そのことをFacebookに書いたら当時ブクログの責任者だったkengochiさん(現 トレタCOO)からFacebookメッセがきて、あれあれよと入社が決まりました。
その当時のことは、STORYS.JPにも書きました。

入社当時、ブクログはpaperboy&co.(現 GMOペパボ)の事業部だったのですが、2012年6月に子会社化 株式会社ブクログが爆誕し、そちらに出向となりました。
そうして、数年いろいろあって役員構成も変わることとなり、2014年からは取締役となりました。
そうして、数年いろいろあってGMOペパボから離れることとなり、ブックオフコーポレーションの傘下に入ることとなり、今に至ります。

この7年半の間にやったことを思い返すと、

ブクログ
・サービスディレクション
・他社へのデータ提供のスキーム作成と交渉、社内ディレクション
・会社の予算編成
・広告販売の窓口対応、制作物のディレクション
・SEO(おもにページ構成やリンク構造変更の指示など)
・基盤データ変更の調査
・親会社のバックオフィス部門とのやりとり(経理、法務、総務)
・採用(リファラル、Wantedlyの運用や求職者との日程調整)
・CS部門の管掌
・会社売却(GMOペパボの役員とともに)
・ヒカリエオープン時の開催イベント「ブクログ図書室」の仕切り
・作家さんへのインタビュー
・会社のM&Aと事業売却のDD対応(親会社のCFOや役員とともに)

電子書籍サービス
・企画編集
・機能改修のディレクション
・サービスの運用(経理処理など含めて)
・サービス売却

個人活動
・東京国際裏ブックフェア開催(2013年、2014年)
・電子出版に関わる人の新年会(2回ぐらいやった)

といろいろやりました。
まさに、スタートアップ立ち上げ直後のCEOの仕事みたいな、何でも屋的な仕事をしていました。

いまのブクログとこれからのブクログ

元々、ブクログは2004年にスタートしたサービスで、最初から利用者でもありました。
もともと、20代ではふらふらとフリーランスをしたり制作会社を立ち上げたり、いろいろやった中で30代では会社員になってどこまでできるかチャレンジしたいという気持ちで、前職の編集プロダクションに入りました。
結果、自分もユーザだったブクログに関われたことは、とても幸せでした。世の中の多くの人たちが自分が好きなことを仕事にできるというチャンスはそれほどないと思うので、そうした中では30代の大半は幸せでした。

親会社が変わってから、出向できていたメンバーが帰ったこともあり、新規で人を採用することとなり、いまや自分を入れて10人を超える規模となりました。
一時期は、サービスを3.5人という規模でまわしてたことを考えると、ちょっと大きくなったと思います。

そうして、できた新しいメンバーが、ブクログ史上初めてクリスマス会を主催してくれたり、楽しい会社になったなと思いました。

ブクログ自体は、順調にユーザも増え、開発陣なども含めて安定しだしていることもあり、自分は新しい道に進むことを夏頃決断しました。
次も、「書籍」に関わる業界に進みます。

来年で15周年のブクログ

ブクログは、来年で15歳になります。
15年続くサービスというのは、ネット系サービスでは少なくなってきています。
mixiやアメブロとかが同い年らしいです。(よく考えたら、コーダーとして2つとも関わってる。。)
元々は個人サービスではありましたが、paperboy&co.のサービスとなり、当時はkengochiさんやうまいさん(入社時の上司)がブクログを育て、引き継いで残ったメンバーで運営することとなり、親会社も変わり、別の人たちで運営していくことになります。
ブクログは既に多くのユーザさんもいて、「ブクログがないと困る」と言ってくださる方もいます。うれしいです。
当初のコンセプトからはそれなりに変わり、時代に合わせて2009年から提供しているモバイルアプリのユーザも増えてきて、提供している価値も徐々にかわってきていると思います。
今、ブクログが存在できているのは何においても、2009年からブクログに関わってくれてるみんなのおかげだと思います。

私が入った当時にエンジニアとして関わっていた田上さんが親会社が変わるときに「ブクログをよろしくおねがいします」って言ってくれて、うれしかったのですが、ここまでしか関われなくてごめんなさいという気持ちもいっぱいです、ブクログがずっと残るサービスとなるように体勢はととのえたので、ずっと残ると思います。

日程の関係で、昨日送別会を開いてもらいました。みんなありがとう。

そんなかんじで、来月から新しい職場となります。
アヨハタ先生の次回作にご期待ください。

~第一部完~

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたら、本を買って感想を書きます。それがリターンです。

55

アヨハタ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。