じゃが芋、きのこ、イチジクのソテー

すっかり秋色な食材になりました(^.^)
スーパーにも色々なきのこが出て来ましたね🍄
秋は食べ物が美味しいから大好きな季節です。

今日はイチジクがポイントの、じゃが芋とキノコのソテーです。
鉄板な組み合わせですが、ここに赤ワインで煮たドライイチジクを合わせるとグッと楽しい料理に!

私は料理にフルーツを合わせることが好きです。

日本は、世界規模で見ても果物の消費量が低いそう。
そう言われてみると、日本では果物はそのまま食べるデザートの位置づけだけれども、他の国では料理にもよく使うなぁ。

世界各国の料理でマンゴー、パパイヤ、バナナ、パイン、柑橘系などなど。よく見ますね。

日本で敢えていうなら無花果ですかね。
白和えにしたり、胡麻と合わせたり鶏肉と合わせたり。

もっと果物を料理にも取り入れたいなと、思います。

そこで今日は、きのことじゃが芋とイチジクのソテーを作りました。

レシピはこちら

【材料】2、3人前
きのこ お好きなものを150g
じゃが芋 大きめ1個
赤ワイン煮にしたドライイチジク 2個
塩、胡椒 少々
オリーブオイル 適量
バター 小匙1
くるみ 5粒ほど(刻んでおく)

【作り方】
①きのこは食べやすい大きさにカットします。
今回はマッシュルームと平茸を使いました。

じゃが芋は皮を剥いて一口大にカットしてさっと水に晒したら、耐熱容器に入れ電子レンジで2分程チンします。
竹串がすっと入るくらいになればいいです。

イチジクは4当分にカットします。

②フライパンを火にかけ、温まったらオリーブオイルを鍋肌に馴染むくらい入れます。
チンしたじゃが芋を入れ、全面がきつね色になるように焼いていきます。
この時あまり混ぜずに、焼き色がついたら返す、という感じで焼きます。

③じゃが芋にしっかり焼き色がついたら、きのこを入れて炒めます。きのこもきつね色になるまで、極力混ぜずに炒めていきます。
フライパン接している面がきつね色に色づいたら、混ぜる、という感じ。

④美味しそうな焼き色がついたら、塩胡椒をし、イチジクとバターを加えてさっと炒めたら完成です。
器に盛り付けて、くるみを最後に散らします。


イチジクの赤ワイン煮は、

【イチジクの赤ワイン煮】
ドライイチジク 6個
赤ワイン イチジクがひたひたになる量
シナモンスティック 半分
クローブ 2個
カルダモン 2個
砂糖 大匙1

鍋にドライイチジクを入れ、ひたひたになる量の赤ワイン、スパイス、砂糖を入れ火にかけます。
弱火でイチジクが柔らかくなるまで煮たら(10分くらい)、粗熱が取れるまで冷まして出来上がりです。

この赤ワイン煮、そのまま食べても美味しいですし、お肉の付け合わせや、チーズと合わせたりしてお酒のおつまみにも👌🍷
ヨーグルトやグラノーラ、アイスクリームのトッピングとしても使えます。

是非試してみてください☺️


最後までお読みいただきありがとうございました。

https://www.instagram.com/ayumimimi_mi

#ご飯 #ごはん #料理 # #おかず #今日のごはん #献立 #Japanesefood #cooking #japan #dinner #meal #mealoftheday #器 #レシピ #recipe #スパイス #spice #イチジク


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

36

AyumiFukuhara

フルーツを使った料理をまとめています🍓

フルーツを、食事として取り入れるレシピを紹介します。 季節のフルーツを沢山頂きましょ🥭
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。