uno: peep hole

75
ノート

結婚について、28歳。

いま、28歳だ。
 今年で29歳になる。
 同年代の、特に女性ならわかっていただけると思う。

「結婚はまだしないの?」
「若いうちじゃないと、子ども産めないんだから」

 ことあるごとにこういうことを言われる気持ち。
 年末年始や盆の帰省が憂鬱だ。主に「仕事」というまっとうな理由をつけて全力で避けていきたい。私もそんな帰省避け組だったが、昨年から訳あって実家暮らしになったのでそれも適わなくなった

もっとみる

case ドラマチックマフィア 2 ー彼氏らしき人が再婚した話ー

これだけ聞くと切ない恋の話か彼女持ちへの淡い片思いの話かと思われるかもしれない。しかし私がそんな可愛らしい恋愛をするわけがない。

既出の嘘つきドラマチックマフィアは出逢った頃は確かに未婚だったのだ。

出会いはキャバクラ、初めましての瞬間に「あ、そうなるやつですね。」って感覚に陥った私たちはすぐに精神的な恋人になった。

なぜ肉体的ではないのかと言えば、彼がロマンチックだから。たぶん。
告白する

もっとみる

花カマキリ

Twitter、Facebook。
悪口の皮を着たジェラシーと
宣伝ばかりのSNSに背を向けて、
花カマキリについてのウィキペディアを読み耽っている。
昆虫は欲がないからきれいで、悲しい。

花カマキリ。
詩の朗読とDJのユニットを組むなら
ぜったいにこの名前。

SNSが不必要なジェラシーばかりを掻き立てるから、少しでも自分を守るために、妄想ばかりしている。
ほとんど人に言えないことばかりだ。

もっとみる
ありがとう。今夜あなたもいい夢が見られますように。
7

漫画村ユーザーのたぶんキッズへ。

いつか子供が産まれたら、せめて絵本はちゃんと買ってやってくれよ。

きっと大事にしてくれるよ。

一緒に読んでっておねだりしてくれるよ。

寝床にまで持っていくよ。

一緒に横になって、読んでやれよ。

あともの作りの業界にいくなよ。

もしいくなら全世界を感動させろよ。

--------------------------------------------------------------

もっとみる

世界に誇るインストバンド”toe” ワンマンに行ってきた

今日も今日とて心臓に触れてくる。我々の心の薄皮を、きれいに剥がして、生身の心臓に、触れてくる。それがtoeだ。ギターを揺らしながら吠えまくる美濃さん、山ちゃん、スティックの化身のように見える柏倉さん、全身でビート刻む山根さんを薄目で眺めながら、わたしはほぼオーガズムに達していた。

photo : http://www.toe.st/

 新譜”That's Another Story”発売を記念

もっとみる
わーい。あざます。これを励みに引き続きほざきます。
8

人を呪わば穴ふたつ

なんとなく思いついたことをnoteの下書きに残しておくのね。

 後から開けてみて書き上げて投稿したりもするんですが、残ったままになっているモノも多いわけよ。

 その時には拡がらなくても違った方向ながらなんとかまとまるモノはいいのですが、どう捻ってみてもどうにもならないヤツもあるわけで…。

 ひとつ此処に上げてみましょう。

 タイトル「ブスのパツキン」        気怠そうにすんなや…

もっとみる

2018年3月1日 木曜 はれ

東京は雲ひとつない夜空。
生ぬるい風が時より吹く。

見上げると、空には月。
春の装いを感じる。

細木数子は月は見ちゃダメ!
心を奪われパワーも減ると。

心奪われながら、のんびりとした夜を
過ごすくらいがちょうどいい。

そんな夜。

#日記 #記録 #ライフスタイル #エッセイ #月夜 #春

今も違う場所を走っているんだよ

オリンピックが終わった。選手はそれぞれの「何か」と向き合っているだろう。
時を同じくして東京マラソンが行われ、新しい記録も生まれた。
アスリート達の闘いは言葉に尽くせずとも、わたし達は二年後の東京に思いをはせる。

我が家の三人の子供達は、上ふたりが駅伝。末っ子がハードルをやってきた。オリンピックと重ねるのはおこがましいが、それぞれにやはり言葉に尽くせないものがある。そんな中で今日は長男。

周囲

もっとみる

エンドロール論

映画のエンドロールをみんな最後まで見るだろうか?

私は見ない。

余韻に浸る時間だってのに、なにいそいそ立ち上がって帰ってんだ?お前ら本当に映画見たのか?

とか言ってる人もいるだろう。

映画の余韻ってだって帰りのエスカレーターとかでできません?

映画館を出たら魔法が覚めてしまって余韻なんてないんだったら、それまでの映画だったんだ。だいたい、「良い映画」って言うのは私の中で

”何かを猛烈に

もっとみる

離婚前夜の妻

ああ…家で一人でいると、気が狂ってしまいそうだ。

夫に離婚を切り出したのが、2月19日の夜。もう、今日で一週間になる。

「離婚??するわけないだろう!!そんな…めんどくさい…」

が、夫の第一声。
先週一週間は「どうにかならないのか」「考え直してくれないのか」と煩かった夫も今週になって静かになった。

毎夜かかってきていた電話もなくなった。メールも…こない。

昨夜は、「保険・養育費・財産分与

もっとみる