春節 A new world of girl

羽生選手のあの集中力が、凄すぎて恋に落ちそうになったけれど、歩夢のことが誰よりも好きだよと言ってみたいよねと、春節、中華街の帰り道なんだね山下町を歩きながら女の子たちが話していた。 とってもわかる、わたしならもっともっと言ってクールな歩夢にヤキモチ妬かせて、好きだよと言うかも。なんて思った矢先に

元カレが、SNSで絡んできてウザい
えーありえなくない?どうすんの?
無理無理ないわー

女の子たちのこういう会話が大好き、そして過去を振り返らないところも、終わった人と、わざわざ会う気にもならないよね、男と女ではなく人間的な関係として、とかよく言うけれど、そうやってまた会える関係なんだったら離れることはなかったんじゃないかなと思う。さみしいだけ、書き換えた記憶に酔いしれているだけ、今の何処かに不満があることを覆い隠してうつくしい風な理由をつけているだけ。さみしさを紛らわす為に会ったとか、体の相性が良くて忘れられずにあったというエゴイスティック、どうしようもないその弱さと刹那を互いが、なんとなく赦しあう 実はそれこそが人間的なのかもしれない、

「あいつのこと思い出しても好きとも嫌いとも、もう何も感じない今の彼のことが大好きだから。」

高らかに笑う彼女たちは輝いている。ウエットで感傷的なものが良しとされ、ドライで正直なものは疎ましく思われる、この小さな世界を打破するかのように、女の子が前を向くとき、男の子のセンチメンタルがはじまるのかもしれないね。

Happy Lunar New Year.


#エッセイ #日記 #コラム #恋愛 #写真

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

Hola! スキやコメントを本当にありがとうございます、嬉しいです。行き場の無いグレーを帯びた日々の中、わずかに薄日が射しこむような..希望を感じるような..言葉を残します。頂いたサポートで。besos!

muchas gracias por スキをくれたこと
29

Ayume

Obsession

捕われの中でフリーダム

コメント1件

Hiroko さま はじめまして嬉しいです。この小さな世界で生きていく上では、偽らなくてはいけないこともあるのでしょうが、自分の気持ちや大切な人には正直に誠実でありたいですよね。他人の軸ではなく自分の軸で✨ ふんわりしたことを綴っていませんが、これからもよろしくお願いいたします❤︎ Happy Lunar New Year.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。