ラジロマ 11

ユンドゥジュンがキム・ソヒョンに本気を伝えた。

5日放送されたKBS2TV月火ドラマ「ラジオロマンス」(演出ドアジュナ、硫黄勝機、脚本ジョンユリ)でソング図(キム・ソヒョン分)が指数号(ユン・ドゥジュン)と川(ユンバク分)二人の男の愛を受ける姿が描かれた。

この日の放送でソンの図は、指数号ラジオに下車すると誤解していた部分を謝罪し指数号に口合わせぎくしゃく雰囲気を造成した。 しかしナムジュハ(オ・ヒョンギョン分)は、指数号をラジオで下車させるために「指数号ラジオロマンス」チームを解体させた。

これイガンウン指数号とソング図と一緒に酒の席を持った。 イガンウン指数号に「私のせいだ。 ごめん」と謝罪したソングの図は、過度に酒に酔ってメイン作家がされてから1カ月でラジオで下車したお世話に嘆いた。

酒に取り下げ倒れソング図を取りまとめる川を見て怒ったユン・ドゥジュンは川の胸ぐらをつかんだ、二人は拳争いに傷を残したまま部屋で寝て求めた。

次の日イガンウン「せっかく無職いいから一日中休んみようか、私たちの作家ラング」とソングの図のデートを提案した。 これ指数号は "よ。 雨のために川やら何しようと」とソング図に文字を送って不安だった。

この時、イガンウンソング図に服をプレゼントしようもあり、「私の仕事は、次の作家はお前だ。 だから絶えず文書いて」と激励した。 これソング図は川に「ツンデレコンセプト保持持って服も買ってあげ。 作家で発見してくれて、信じてくれてありがとう」と感謝を伝えた。

このうちジンタリー(ゆら分)は、ギムジュンオ(ハジュン分)から指数号ナムジュハから9歳の時に聞いた告白が盛られた録音記録をナムジュハに渡し脅迫した。 また、イガンウンジェイソン(グァクドンヨン役)に会って指数号に脅迫メールを送信者が誰であるかについてキャッシュ問い緊張感を造成した。

以後ソング図は指数号心を込めてプレゼントした時計、靴、紅参など感動を受けては、「ところで君はどうしてこんなに可愛いのか」と感激した。 このとき、指数号はソング図に電話をかけホテルに来るようにした指数号は「川やら何したのか」と川を嫉妬した。 「もしかしたら嫉妬?」と尋ねるソング図に指数号は「嫉妬をウェヘ? 私は?」とびっくりすることも。

アウンダウンしていたのソングの図は、指数号に契約書をもらうし、指数号は、「そうでもお前のようになりたくそうした」と本音を伝えて "今はこれなくてもされて」と契約を引き裂いた。 以後指数号は、「今日の私と一緒にいてくれる?」と聞いてときめきいっぱいの雰囲気を造成した。

ユンバク、グァクドンヨンに「2006年に指数号さんにどのような事件がありましたか?」

先行公開された予告編でソング図(キム・ソヒョン分)は、「思ったより指数号(ユン・ドゥジュン分)氏かわいいないですか? ラジオもされるように本気であること同じで」と語った。

続いて川(ユンバク分)は、ジェイソン(グァクドンヨン分)に「2006年に指数号さんにどのような事件がありましたか? 저희 부스에 별 황당한 엽서들이 자꾸 와서요”라고 말했다 私たちのブースに格別荒唐無稽なハガキがしきりに来よ」と語った。 これジェイソンは意味分からない笑顔だけた。

また、川やソングの図は、ラジオブースから出る羽目になり、これに指数号を含む三人はお酒を飲みに行く。

ソングの図は、「メインされてからちょうど一ヶ月になったが。 ぴったり1カ月で解雇か」と嘆いて倒れた。 テーブルに頭を打ち込んだソング図をイガンイ手で保持するランナー指数号は「触れないようにそうだった」と緊張を張った。

これイガンイ「私好きに君何はおせっかいだよ」と言い返して裏話を気にした

〇この日ジェイソンは川(ユンバク分)と続いて対立を立て守護との関係について尋ねた。 特にジェイソンはソング図(キム・ソヒョン)と指数号子供の頃の関係について疑問し、ナムジュハ(オ・ヒョンギョン分)に12年前の守護が自殺しようとしようとしていたことを言及して心を思い出したりもした。

しかし、守護の真の友人であると思ったジェイソンは、最近、珠海と私通じる姿を見せ渋滞に混乱を与えている状態。 過去11回でもジェイソンは川に守護をDJのに指名した理由について聞きながらも「指数号はキラーだ」という不合理なはがきの差出人に挙げ、当該危機に瀕した。

このように「ラジオロマンス」のロマンスが熟しにつれてジェイソンの正体について気がかりなことが増幅されている。 守護の「精神主治医」を自任して守護のマネージャー兼一つだけの友人であるばかり思っジェイソンが、実は守護を危険にさらされる人物である可能性があるからだ。 特に指数号とジェイソンがブロマンスを作ってきたのは驚きはさらに大きくなった。

何よりもグァクドンヨンは曖昧本音をなかなか知ることができないジェイソンをコクに演じて視聴者の好評を受けた。 珠海のスパイか、スパイを自任した守護の友達なのか、自分の仕事に忠実だった精神科医のか、そのあいまいな境界を自由自在に表現しているグァクドン年表ジェイソンが劇の楽しさを増している。

〇この日、チ・スホはソン・グリム(キム・ソヒョン扮)をホテルに呼び出した。ソン・グリムはホテルを脱出して家に行こうとしたが、ラ・ラヒ(キム・ヘウン扮)がソン・グリムを発見したため部屋を離れることができずに隠れていた。

そんな時、チン・テリ(ユラ扮)にまで見つかった。チン・テリはチ・スホとソン・グリムを発見して「本物に付き合っているの。ホテルにまで来る仲なの」と問い詰めつつ、ソン・グリムの頬を平手打ちして驚愕させた。

続いてチン・テリはチ・スホに録音機の内容を聞かせて「これを記者に渡したり、インターネットにばら撒こうと思って」と脅迫した。しかし、チ・スホは「そうだな。お前が代わりにやってくれるなら俺も感謝する」とし、1秒のためらいもなく背を向けた。慌てたチン・テリはキム・ジュンウ(ハ・ジュン扮)に怒りを発散したが、キム・ジュンウですら「お前が欲しいものを俺から持って行ったのだから、これ以上は俺を探すな。これからはお前の電話には出ない」と冷たく背を向けた。

以後、チ・スホはカン・ヒソク(イ・ウォンジョン扮)のもとを訪ねてラジオチームが解散させられた理由を尋ねた。イ・ガン(ユン・バク扮)がロビーでデモをしているのを見て疑問を抱いたもの。チ・スホはすべてのことがナム・ジュハ(オ・ヒョンギョン扮)のせいだったという事実を知って怒った。彼はナム・ジュハに「会社からも家からも出ていくべき時が来たようだ」と話し、チ・ユンソク(キム・ビョンセ扮)に「父さんを捨てなくてはいけないのなら捨てる」と宣言した。

それだけでなく、チ・スホは「好きな人を守るためにはどうすれば良いのか」と悩んだ。彼はソン・グリムに「俺のせいでお前が不幸になって、お前の好きなことまで失うのではと怖い」と告白したが、ソン・グリムは「私がどうしてチ・スホさんのせいで不幸になるの」と反論してチ・スホを安堵させた。

しかし、ラジオチームの再会は簡単にはいかなかった。イ・ガンが「午前4時にラジオをしたい」と押し通したからだ。チ・スホは「私にはできない」ときっぱりと断ったが、イ・ガンは「それでも私たちは4時にラジオをする」と対抗して緊張感をかもし出した。そこでソン・グリムが動いた。ソン・グリムはチ・スホに「私も怖い。それでもチ・スホさんを信じてみたい。一緒にやってほしい」と切実に求めてチ・スホを悩ませた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

アゼリア

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。