漫画『ゴールデンカムイ』が死ぬほど面白いので持てる力を尽くしてどんな作品か紹介する

マンガ大賞受賞、数々のメディアに取り上げられ絶賛、TVアニメ化……近頃よく目にする『ゴールデンカムイ』という漫画、あなたもタイトルだけはご存知なのでは?

「最近有名らしいけど今更読むのも流行りに乗っかるみたいで嫌だなー」勿体ない!あなたはまた流行り廃りを気にして極上のエンターテイメントを素通りしましたね?

つまらないことばかりに用心深くなってしまったあなたは、ここがドサンコ・ウェストランドだったなら山に入って即座にアマッポの罠に誤ってかかり猛毒に3日3晩苦しみ体中が腫れ上がって死ぬ運命にあるでしょう!

一定の読者に幾分か誤解を与えるかもしれないあらすじ:
舞台は気高き北の大地・北海道。時代は、激動の明治後期。日露戦争という死線を潜り抜け『不死身の杉元』という異名を持った元軍人・杉元は、ある目的の為に大金を欲していた…。一攫千金を目指しゴールドラッシュに湧いた北海道へ足を踏み入れた杉元を待っていたのは…網走監獄の死刑囚達が隠した莫大な埋蔵金への手掛かりだった!!? 雄大で圧倒的な大自然! VS凶悪な死刑囚!! そして、純真無垢なアイヌの美少女との出逢い!!! 莫大な黄金を巡る生存競争サバイバルが幕を開けるッ!!!!
byゴールデンカムイ公式サイト


あなたが勘違いしているかもしれないゴールデンカムイ3つの真実

①作品に対する見解

×カッコいいオジサマたちが己の野望のため金塊を巡ってサツバツするアクション劇
〇変態狂人サイコパスおっさんをゲストに迎えたアイヌ郷土料理旅番組珍道中

②舞台に対する見解

ドサンコ・ウェストランドはほぼ過酷なメキシコであり、どれだけ殺しの技術があろうとサヴァイバルスキルを持ち合わせていなければヒグマに抱き締め殺されるか高い高い殺される

③ヒグマに対する見解

対策は数多く伝えられているが肝心の決定的な弱点は不明確、倒すと膨大な報酬がゲットできるあたりヒグマはほとんど吸血鬼、つまりアイヌは実質ヴァンパイアハンター

私は100話無料公開でこの作品の面白さに飛び上がり、即座にTSUTAYAで全巻セット買いした勢いでこの記事を書いています!つまりこの感情の高ぶりが可視化されたのがこの記事でありひとりでも多くの人にこの漫画がチョー面白いことを知ってほしい。

以下、できるだけネタバレなしの登場人物紹介です!


どうか気を確かに読んでいただきたい登場人物紹介


杉元佐一

主人公。日露戦争帰りの元軍人。鉛玉をぶち込まれようがヒグマに顔を裂かれようがほっぺた串団子にされようが継続戦闘できる異常なタフネスを持つ。通称不死身の杉本。「殺されるくらいならば躊躇なく殺す」と言ってのけ実際に実行に移せる一方で恋バナに乙女顔で参加できる、戦争帰りのくせに人間性を失っていない精神的超人。人質を取った敵に迷いなくナイフを投擲できる鋼鉄の心臓の持ち主。

戦闘、狩猟どちらにも秀でたスキルツリーをもち、不死身と称されるタフネスで初心者にも扱いやすいキャラクター。さらにCPUでアシ(リ)パと組めばそのサポートとアイヌ治療術で通常戦闘で敗北することはまずなくなる。ただし中盤以降ストーリー上難所が多くなり、プレイヤースキルが必要となる場面が増えるため、軽率なスキルポイントの割り振りには注意が必要。


アシ(リ)パ


アイヌ民族の少女。ヒロイン。というか引率の先生。彼女がいなければ登場人物の半分は過酷なドサンコ・ウェストランドの地でサヴァイヴできずヒグマに抱き締め殺されていたことだろう。古きアイヌの教えを守りつつも、新たな文化、技術も迎合する柔軟な考えの持ち主で、その思考のだいたいは食べ物に向けられている。腹が減ってはシリアスはできない。渋いオジサマアクション劇をローカル食レポ番組へと変えた張本人。顔芸の魔術師。

戦闘は不得意(というか彼女で人を殺傷すると即ゲームオーバー)。代わりに狩猟スキルはずば抜けており、ゲーム開始時点でヒグマを安定して狩ることができるのは彼女のみである(谷垣はマタギのスキルでヒグマに対し特攻を持つが、初期装備の30年式では急所に5発ヒットさせなければ倒せないので高いプレイヤースキルが必要)。これにより食糧事情で困ることはほぼ無く、毛皮等の素材の換金で資金にも困らない。さらにアイヌの仕掛け罠にかからず、ダークウェンカムイポイントの上昇値も低いため、杉本と並んで初心者に推奨される。
ダークウェンカムイポイント:一般人の殺傷や、むやみやたらな動物の狩猟を繰り返すとダークウェンカムイポイントが上昇していき、街の人に通報される、アイヌの村に立ち入れない、第七師団の警戒率が上昇するなどのデメリットが発生し、さらに最大値になるとフィールド上にウェンカムイがポップするようになる(通常のヒグマの数倍の巨躯、タフネスを持ち、街に逃げ込んでも追いかけてくる)。


白石由竹


シライシ だつごくおう しゅうじん

杉本バージョンの図鑑説明:からだを じざいに だっきゅうさせられる とくいたいしつで けいむしょからだつごくする。のけものにされると 「クーン」となく しゅうせいがある。
土方バージョンの図鑑説明:おちょうしものな せいかく。かつては ごうとうでつかまったが、だつごくをくりかえし いまでは だつごくでのちょうえきのほうが うわまわったのだ。
第七師団バージョンの図鑑説明:からだの さまざまなところに だつごくどうぐを かくしもっている。にくはくさいので かわをはいで いれずみにんぴにしたあとは カラスやネズミに くわせるのがよい。
脱獄スキルのおかげであらゆる建物に侵入できる。序盤で杉元たちの罠を回避できれば、全キャラクターの中で最も探索の自由度が高いプレイが可能。ただし、戦闘、狩猟のスキルが絶望的に低いうえ、第七師団に即バレするため、行動には細心の注意が必要。ストーリーの都合上、杉本一味と土方一味どちらとも合流できるが、ダークウェンカムイポイントが高くなりすぎると入れ墨を狙われることとなる(上級プレイヤーの中にはあえてダークウェンカムイポイントを上げて杉本、土方、第七師団を相手取りサヴァイヴァルプレイする猛者も現れた)。


谷垣源次郎

谷垣ニ(シ)パ。元東北マタギ。勃起。兵士から猟師にクラスチェンジしたら胸囲パンパンになるわ胸毛はエロいわ女にもてるわで人生順風満帆である。

ゲーム開始直後に杉本たちを追う選択をすることで第七師団に残留するIFルートに進むことができるが、その場合マタギスキルツリーが最後まで解放できなくなるうえ、ヒグマに対し特攻を持つ二瓶の村田銃を入手できなくなるため、厳しい戦いを強いられることになる。


土方歳三

入れ墨の脱獄囚の一人にして元新選組鬼の副長。幕末の亡霊。超絶イケダンおじいちゃん。「いくつになっても男子は刀を振り回すのが好きだろう?」おっしゃる通りです。刀とウィンチェスターライフル振り回すおじいちゃんがカッコ悪いはずないよね?「私はあと100年生きるつもりだ」と豪語し、野望実現のためにはよぼよぼのおじいちゃんロールや飴ちゃんを配るおばちゃんロールもこなす。ストーリー展開がギャグと変態の暗黒面に陥りかけたときも自分を見失わない真の男。

近接戦闘の鬼。対人特攻スキルと、彼のみ近接戦闘時にスローモーション時空を発生するスキルを持ち、一対多数の絶望的な状況も打開できる一人無双ゲー状態。銃も装備できるので、中距離から銃撃でけん制し、敵の動きを止めたところで一気に切り込む戦法でザコ兵士は余裕で対処できる。代わりに野生動物に対しては刀の攻撃はあまり通らないため地道に銃で削る必要がある。彼をプレイヤーキャラにした場合、ストーリーの裏側で何が起こっていたかが語られるため、2週目以降に選択することが推奨される。


尾形百之助

超絶イケダンスナイパー。バアチャン子。初登場時と再登場時で髪型を大幅にイメチェンし、超絶イケダンに変貌した。最初別人かと思った。いろんな勢力を渡り歩き暗い過去もあるっぽいがアシ(リ)パちゃんとチタタブしたから多分大丈夫だよね!

記念すべき初の敵兵(オープニングのウェンカムイとの戦いはイベント進行)。チュートリアル戦の兵士Aに見せかけてガチで殺しにくる初心者殺しで、プレイヤーは彼からドサンコの厳しさの洗礼を受ける(崖から川に突き落とすのが最も安全策だが正面から殴り合ってキルされるプレイヤー多数)。


鶴見中尉

第七師団所属のカリスマ情報将校。その人心掌握術で多くの部下を率い、刺青人皮を追っている。戦争はまだ終わってない病の重篤患者。奉天会戦で砲弾の欠片を頭に受けて以来、額当てを当てている。奇人狂人だらけの部下たちをよく束ね、杉本、土方一行と渡り合う。「お前らの大将はアタマ大丈夫なのか?」に対して「脳が少し砲弾で吹き飛んでおる」と軍人ジョークを飛ばすヤバヤバのヤバ。「ロウソクボリボリしちゃおうか」「ん 猫ちゃん猫ちゃん!!」あたりは迷言。マジで意味が分からない。

彼をプレイヤーに選んだ場合のみ、部下を北海道各地に派遣し、情報収集するシミュレーションモードが可能。囚人の情報を制することで杉本・土方一行の合流を阻止し、入墨人皮をより多く集めることで優位にゲームを進めることができる。ただし、部下の兵士では彼らを決してキルできないうえ、逆に殺害されるリスクがある。人員は限りがあるため、いかに自軍の被害を最小限に抑え、逆に相手を消耗させるかが重要。第七師団本隊にクーデターが露見するとゲームオーバーとなる。


入れ墨の脱獄囚

変態と狂人とサイコパスだらけのマジヤバ集団。この漫画が狂ってる呼ばわりされる半分はこいつらのせい。残りの半分はだいたいアシ(リ)パさんのせい。
この世の終わりのような網走監獄から抜け出したせいか、どいつもこいつも最高に開放的で自身の欲望に忠実。全員で24人おり、体に金塊のありかを示す地図が入れ墨で彫られている。


ヒグマ

北海道が生んだ大自然の化身。その圧倒的な巨体と想像以上のスピードで獲物を追い詰める。熊に遭遇した場合の対処法は数多く伝播しているが、そのどれもが決定的な対処に結びついていない。これは吸血鬼が十字架、銀の銃弾、日の光、ニンニクなどに弱いという俗説が出回っていることと完全に合致し実質ヒグマは吸血鬼。熊には捨てる部位が存在しない≒吸血鬼は財宝を貯めこんでいる=倒すと莫大な報酬。そしてそのヒグマを狩るアイヌの人々はつまりヴァンパイアハンターであることが完全に証明されている。


リス/ウサギ/カワウソ/アザラシ

杉本やアシ(リ)パの旅を影ながら支えるかけがいのない仲間たち。ときに身を挺して彼らの窮地を救う。チタタブ。


🐻 🐻 🐻 🐻 🐻


『ゴールデンカムイ』は実質オープンワールドゲーム

がっしりとしたストーリーという背骨がありながら、あらゆる地点にサブシナリオ、小ネタ、テキストが散りばめられた、いくらでも寄り道できそうな北海道の広さとキャラクターの豊かさに脱帽。メインのキャンペーンも時折作者の頭がおかしんじゃないかと思うほどの変態とギャグ、そしてオソマ(ウ〇コ)ネタの暗黒面に陥った時も、アシ(リ)パさんのアイヌ伝承知識で本筋に揺り戻したり、右(シリアス)と左(ギャグ)に振れながら物語を動かしていく進行は神がかり的に思える。『ゴールデンカムイ』は今年度を代表するベストゲームだ。
(10点・ゲーム雑誌ライター/30代)


百聞は一見にしかず、webアプリ「ヤンジャン!」では4月23日まで100話無料で読むことができるらしい。アニメを見るだけでは勿体ない!ぜひ漫画も読んでほしい。絶対後悔しない。また『ゴールデンカムイ』の世界で会おうぜ!


おまけ:オープンワールドゲーム『ゴールデンカムイ』概要


日本最後のフロンティアを舞台に、欲望が渦巻く戦いが始まるーー

金塊を巡り個性的なキャラクターがぶつかり合うキャンペーンモード
元軍人、アイヌの少女、幕末の亡霊、第七師団……一癖も二癖もある登場人物を出し抜き、金塊の手掛かりとなる24人の囚人を見つけ出せ。

北海道全域に広がる膨大なサブイベント
天を衝く山脈、うっそうとした森林、荒々しい海……広大な大地を駆け巡り、まだ見ぬ発見を探索せよ。

雄大な大自然と、そこに潜む野生動物たち
ヒグマが闊歩し、シャチが襲い来る世界。恐るべき野生動物を狩猟し、過酷な大自然をサヴァイヴしろ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you for your reading! 🐳🐟
135

azitarou

読み物のおはなし

主にわたしが、感銘を受けた読み物の小話集です。
3つのマガジンに含まれています

コメント4件

ふだんヤンジャンで読み飛ばしてましたが、こんなワクワクする漫画だったか!となりました。webヤンジャン〜!
コメントありがとうございます!ゴールデンカムイ、メチャクチャ面白いです。ぜひ読んでみてください!
この記事を拝見した時にちょうどヤンジャンアプリの無料公開期間がマッチし、どっぷりとゴールデンカムイに浸ることができました。ありがとうございます!
しかし北海道でのスタンプラリーの難易度…!と、若干真顔になってしまった道民です。
私もゴールデンカムイ一色の一年でした。ほんと、面白いです!北海道行きたい!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。