【雑記】漫画『将太の寿司』が面白すぎる

(これまでのあらすじ)笹寿司の小樽支配から10年。いまや日本全土の外食チェーンは笹寿司の傘下に入り、飽くなき企業合併を繰り返した笹寿司は宇宙開発分野にまで手を伸ばす一大メガコーポと化した。市場では笹寿司によってクローン培養されたマグロ、通称ササマグロが天然物を排除し独占、昔気質の寿司職人は姿を消したかに思えた・・・・だが、たった一人、笹寿司の暗黒支配に抗う男が存在した。かつての陰謀により取り潰された巴寿司の跡取り息子、その名を関口将太ーーー『将太の寿司 笹寿司ディストピア編』より



寿司漫画『将太の寿司』がチョー面白い。少し前からTL上でかなり話題になっていて逆噴射小説大賞やニンジャスレイヤーのスシ回でも名前が上がっていたので、これは間違いなくヤバい漫画だと思っていたら本当にヤバい漫画でした。

いわゆるグルメバトル漫画なんだけど、寿司といったら回転する大衆チェーン店しか知らない人間なので、次から次へと披露される寿司真実に「あ・・・・」「うむ・・」という感想しか出てこない。私ではその知識が事実なのかフィクションなのか証明する手段がないのだ。だがネタ選び、目利き、捌き方、調理法、薬味の選出、そしていかに人のためを思って寿司を握るか……あらゆるパターンでもってその勝敗の説得力を説き伏せてくるので我々は柏手によってそれに答えるしかない。題目に過去回想を絡め、奇想天外なアイデアで話を巻き上げ、そして審査委員長の柏手でもってとびきりのネタをどっしりと受け止める・・・・。すごいぞ、一つ一つの勝負がものすごく濃密だ。

周りのガヤであるオーディエンスもかなり良い味出しており、いちいちオーバーリアクションで職人達の言動を盛り立て、ボロカスになじったかと思えば次のページでめちゃくちゃ褒めたたえてたりと、調子が良すぎて逆にいとおしい。掌全自動回転機かよ。

あと一推しキャラに佐治くんてのがいるんだけど、コイツがすげームカつくやつで口が悪くて後輩の面倒を一切見ず鳳寿司に入ったばかりの将太に数々の嫌がらせしまくるけど親方の試験で将太と戦ううちに宿敵と認め職人としての技量どころか客に対する接し方の変化親との確執の解消を経て人間的に超成長し「勘違いするな、お前を倒すのは俺だ。それまでにつまらんやつに負けんじゃねえぞムーブを習得しためちゃくちゃいいライバルキャラでかなり層です(早口)。

他にもいろいろと面白いところやツッコミところはあるんですが、これ以上は読んで味わってほしいところもあるのでこの辺りで筆を置きます。下の記事が言いたかったことを綺麗に纏めてくれてるので是非読んで将太の寿司の世界へやってきてください。

「ギャハハハ!どっかで野垂れ死んだと思っていたら、まだそんな辛気臭い寿司を握ってたのか!」ホログラムディスプレイに映り出されたのは笹寿司社長の一人息子、笹木だ。金魚鉢じみたヘルメットを被り生命維持スーツを装着している彼は、スーツ内を循環するササマグロDHAを含有した培養液により10年前の若かりし姿を維持している。「とっくの昔にボロっちい店が潰れたっていうのに、ゴキブリ並の生命力だな、おい!」
「僕はバカだった」将太の身なりはくたびれていたが、汚れひとつもない清潔な白衣で、数え切れない傷が刻まれた
両腕は逞しく引き締まり、厳しい修行を感じさせた。「人のために寿司を握る・・・・ただひたすらそれを続ければいつかみんな分かってもらえると思っていた」将太はグッと拳を握った。「だが笹寿司に思想洗浄されたこの世界ではそんななまっちょろいやり方ではダメなんだ。だから僕はお前たち笹寿司をぶちのめし、みんなの目を覚まさせることにしたんだ。この僕の寿司でもって!」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります!🙏💃
21

azitarou

azitarouの雑記マガジン

わたしの雑記マガジンです。内容不問、分量も不問な不定形な記事を収集しています。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。