『Creating world』歌詞全文&ライナーノーツ


どうも、編集担当のツラニミズです。
2018年12月28日にリリースされたAZKiの1stオリジナル楽曲『Creating world』の歌詞全文とライナーノーツをまとめました。

人それぞれ解釈は違って当たり前だし、受け取ってくれた皆さんの
心の中で育っていくことが作った側としては一番幸せなことなので、
あくまでこのライナーノーツは楽曲に携わった人たちの想いを
文章にしていて、こう解釈してください!といったトップダウンなものでは
無い
ことを踏まえて、読んでいただけると嬉しいです。

『Creating world』歌詞全文


この扉の向こうが未開の可能性なら
現実を動かせるの?

暗闇を手探りで不安と焦燥の中
零れる光を見た

手を伸ばして この未来はキミの物だから
時間を超えて繋がるよ ココロが今

創造するの私のストーリー
声を聞かせてキミを知りたいから
輝かせよう新しい世界
生まれた意味を見つけるのさ
全てが始まるこの場所で

声が枯れるまで叫んで


言葉に傷つけられ悲しみが零れるのは
弱いからじゃないよ

勇気はここにあるから掻き消されちゃ駄目なんだ
キミはキミのままでいい

声を上げて 私達の歌は壊れない
何度だって伝えるよ ココロを今

共鳴するの私のストーリー
名前を呼んで側にいるから
音を奏でよう新しい世界
キミに出会う為に生きていくんだ
この場所が奇跡だから

リアルを超えて 繋ぐよさぁ

夜は深く眠りに落ちて
やがて光が世界を照らすよ
キミと出会えたこと
意味を見つけたのさ
共に分かち合って生きたい

創造するの私のストーリー
声を聞かせてキミを知りたいから
開拓するの新しい世界
嘘じゃないんだキミとのストーリー
全てが始まるこの場所で

歌を歌い続けるよ

流歌ライナーノーツ(作詞作編曲担当)

初めましてこんにちは!
『Creating world』作詞・作編曲をさせて頂いた流歌と申します。
普段自分の作品について語ると事はあまりないのですが、
今回「ライナノーツを是非……!」との機会を頂きましたので
少しだけお話させて下さい。

AZKi初めてのオリジナル楽曲制作のお願いを頂き、
まずAZKiとはどういう存在なのかという部分をAZKiやカエルさんに
事細かく、根掘り葉掘り聞きました性格好きなもの
趣味だったり好きな言葉だったり、
AZKiはどういうアーティストになりたいのか
それらを知ることでAZKiの伝えたいことや、
AZKiの未来を想像してストーリーと音を作りあげていきます

AZKi初の楽曲ということもあって、
方向性を決める所からスタートしました。
実は初めはストレートなギターロックでというオファーでした。
そこから新たに考え、AZKiの透明感ある声や、
儚さの中にある希望みたいな物を、もっと昇華出来る音
あるはずだと試行錯誤しながら『Creating world』という
音楽を作りました。

音の部分ではピアノとストリングスの繊細さを軸に、
心の奥にある熱情はボトムにあたるドラム・ベース・ギター
激しく演出しています。4リズムは生楽器を中心に作っているのですが、
実はベースだけシンセベースです。
ピコピコシンセもそうですがワクワクや未来感を
プラスする為に必要な音
ですね。

作詞は『Creating world』の中にAZKiの今の気持ちや伝えたいこと
詰め込みました。現代のネット時代では、多くの人と繋がる幸せと、
そこから来る不安があると思います

AZKiはVtuberという存在ですが、そういったリアルも仮想現実も超えて
沢山の人を繋いでほしい、そこから始まる新しい物語を
創り上げていってほしいという願い
を込めて書きました。
ちなみにラスサビの中に出てくる『開拓するの』は
AZKiからの素敵な提案
で決まりました(笑)

あまり「ここはこうなんです……!」と書くと蛇足になってしまうので、
ここからは皆さんが創造して下さい。
AZKiの世界やストーリーは、応援してくださる皆さんが
AZKiと一緒になって創るのだと思います

この『Creating world』AZKiにとって、皆さん開拓者に
とっても世界創造の第一歩となるような音楽になれば嬉しいです

AZKiライナーノーツ

新しい世界をつくっていくこと

その中で感じる想いや伝えたい想いを歌に乗せて歌いました。
今回、作詞作曲編曲すべてを担当してくれた流歌さんの言葉と
メロディは、すっとAZKiの想いを伝えてくれました

AZKiは音楽が好きで音楽と通して歌うことを通じて
そしてVtuberとして新たな世界をつくっていきたいと思っています。
でも、世界をつくるのは音楽だけではないし、
人の想いがなにか形になったとき
それが世界をつくる一つの欠片なのではないかなと思います。
AZKiはその欠片をつなげていけるようになりたい
バーチャルとリアルの垣根を超えて、みんなの想いを集めて
発信できるような存在
でいたい。
想いを誰かに伝えることなにか新しいことに挑戦すること
まだ誰も知らない世界に飛び込んでみること
そんなことをAZKi自身が体現できるようになっていきたい
そんな気持ちがつまった曲です。

収録の時のことを少しお話。
収録しているときに、流歌さんとマネージャーのツラニミズに
ひとつ相談して、ちょこっと変えてもらった歌詞がありました。
それは”開拓”という言葉を歌として歌いたいということ。
やっぱりAZKiのファンのことを開拓者と呼ぶと決めたこともあったので、
開拓という言葉が譲れなかった
のです。
流歌さんも快く受け入れてくださって最後のサビに入れてもらいました。
AZKiのことが開拓者のみんなの元へ届くといいなと思います。

「Creating world」はAZKiのことをみんなに知ってもらう
”はじめまして”の曲でもあります。
AZKiがこれから歩き出していく一歩目の歌
世界で1番大切でかけがえのない歌。
スタートの歌。
始まったばかり。
これから、開拓者とともに、世界をつくりつづけていきたい

どうぞ、よろしくね。

この曲を受け取ってくれたあなたへ

ここまで読んでくれてありがとうございます。
そしてAZKiに興味を持ってくれて、
『Creating world』を聴いてくれてありがとうございます。
これからこの曲は、受け取ってくれた皆さんのどんな曲になるでしょうか?

AZKiと話している時によく、世界を創るだったり、
世界を広げるという言葉が出てきます。
壮大な言葉に聞こえるかもしれないですが、
本当に当たり前のようにその言葉を使ってよく話をしています。

なぜなら、世界とは受け取ってくれた皆さん一人一人と
AZKiが繋がることでできるものだと思っているからです。
世の中のすべての人を幸せにしたり、辛い時に支えになることは
難しいことですが、音楽を通して繋がったあなたのことを
ほんの少し幸せにしたり、支えになることができれば
それが僕らにとって一番嬉しいことです。

今までの時間で見つけてくれて、応援してくれている開拓者のみんな、
そしてこれから先のどこかでAZKiを知ってくれて、
この記事を見てくれているあなたのことが僕らは大好きです。

これからも一人一人を大切に、一人一人に届く音楽を創っていくので
一緒に開拓していってくれると嬉しいです。(ツラニミズ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

29

AZKi NOTE

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。