道民歴10年ちょいが思う「北海道のここがえーぞ」「ここがやべーぞ」

私自身は本州出身だが、父の転勤にあわせて北海道に住み始めてもう15年近く経つ。

「#北海道のここがえーぞ」という公式企画を目にしたので、いい機会だし北海道について個人的に感じている良い点とダメな点を書いてみることにした。

※北海道、とくくっていますがほとんど札幌の話です。北海道は広いので地方にいくとまた変わってくると思います。

北海道のここがえーぞ

・ご飯が美味しい

普通の外食もさることながら、給食もそう。とにかく何食べてもだいたいうまい。(唯一の例外は予算内に納めるためコストカットしまくってそうな配送お弁当くらいだった)

道産素材も入手しやすいし、地物なので新鮮。まあ値段が高いのはネックだけど、探せば安く手に入る産直もある。

・人と人、物と物の間隔が広い

本州に旅行で行って帰ってくると痛感する。道幅も広く、パーソナルスペース広めの人間にはとても息がしやすい。わりとなんでものんびりしているとというのは本当だと思うし、この物理的スケールの広さに由来しているんじゃないかと密かに思っている。

・店員が話しかけてきにくい

最近は本州からのお店も増えたので減ってきたが、昔からある道内のお店はわりと店員が控えめなことがおおく、押し付けがましいセールスが苦手な私にはとてもありがたい。(反面、頼まないと何もしてくれないこともある諸刃の剣ではあるけれど)

・夏が涼しめ

温暖化してきたといっても、夏はやっぱり涼しい。30度を超える日は「異常事態」扱いされているし、マンションに住んでいればクーラーいらずでひと夏越せる。流石に扇風機は出すけど、それも1週間くらいのことだ。

・家賃が安い

これは逆に本州の家賃を見てびっくりした。札幌なら15万もあればいいかんじの住宅街で4LDKが借りれる。(さすがに円山とかの高級住宅地は別だけど、それでも本州に比べたら安いと思う)

北海道のここがやべーぞ

・喫煙者が多いしマナーがいまいち

空間が広々しているせいか、おおらかな気質なのかわからないが、完全禁煙の場所が少ない。徐々に増えてきてはいるものの、けむいのだめな人間にはまだまだけっこうつらい。

・公共交通機関の整列マナーもよくない

東京や大阪のように整然と並ぶ、通行方向を守る都市からするとびっくりするほど適当。左側通行を堂々と右側行くし、観光客は突然立ち止まってたむろしはじめるし、列形成してても割り込まれたり、あいまいな列になってたり。駅員さんが周知しても守られてなかったりして非常に不憫。

・冬の日照時間が少なく憂鬱になりがち

半年くらい冬みたいなものなので、どうしても吹雪が続くと買い物に行くのがおっくうだったり、気落ちしやすい。メンタル不調を抱えている人は道内に住む場合でも太平洋側がいいかも。

・賃金が安い

これでもだいぶマシになったほうだが、関東・近畿圏にくらべて賃金が安い。東京のコンビニバイトで時給1000円~とかになってて目が飛び出たことがある。こっちだと835円くらい。1000円を超えるような仕事は超高給。


他にもいろいろあるが、ツボる人にはとことんツボるらしい北海道。うちのパートナーも1回来ただけですぐに「住みたい…」と言いだしたくらい。

最近はなんだか旅行客に優しくしようといろいろ改修が進められているので、住むかどうかは別にして…機会があったらぜひ来てみてほしい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくれてありがとうございます。 役に立った、面白かったらサポートを頂けるとと嬉しいです。 今後の更新のための本代などに使わせていただきます。

励みになります ( ´ω` )...♥
4

校倉来夏

楽しいやつ

料理とかの楽しい系、根が明るい系の記事をいれてあります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。