子育て、産前産後、夫婦関係、日々について

9
ノート

無痛分娩・計画分娩で2人の出産をした話

先月、2回目の出産を経験した。1人目の出産時も、今回も計画・無痛分娩を選択したので、その理由や病院の選択理由などを書いておこうと思う。

無痛分娩を選んだわけ

まず無痛分娩を選択したのは、出産の痛みが単純にこわかったし、そもそも無痛という選択肢があるのに痛みにたえる必要性を感じなかったからだ。
アメリカやヨーロッパの一部の国々では、無痛分娩がポピュラーなのに、「おなかを痛めてこそ...」といった

もっとみる
うれしいですー!
41

『脱いでみた。』の花盛友里さんにマタニティフォトを撮ってもらった話

少し時間がたってしまったけれど、先月、出産5日前に写真集『脱いでみた。』や『寝起き女子』などで有名なフォトグラファー花盛友里さんにマタニティフォトを撮ってもらった。すごく良い経験になったので長くなってしまったけどnoteにまとめてみた。

第一子妊娠時、なんとなく撮ってもらったらすごくよかったマタニティフォト

家族写真って昔は全然興味がなかったのだけど、前回の妊娠時になんとなく、マタニティフォト

もっとみる

ECサイトでスワッグ&リースの販売始めました

先日、現在の勤め先の元先輩で、1か月違いの子どもをもつ、琴実さんとAKKAという活動を始めました。

子ども大好き&大切だけど、自分の人生や生活を子どもに全面的にあわせていきたいわけじゃない。自分の好みや、趣味をあきらめないライフスタイルを追及したい、といった思いをもとに、まずはそんな両立を目指す人たちに話をきくことで、その生き方やアイデアをシェアしていく予定です。(第一弾が私の家というおこがまし

もっとみる
また読んでください!
17

気分をあげるために必要な要素を細分化してかんがえる。

以前、こちらの記事に私たち夫婦の家探しについて少し書いた。
最近また、住まいに関して、考えが少し変化してきた。

夫は北海道は苫小牧、私は八王子出身で、どちらもそこそこの田舎出身だ。私の実家の裏には森や丘が広がっていて、リビングの出窓からは緑しか見えない。朝は鳥の声で目が覚めるし、夏はセミの声が本当にうるさいぐらいだし、コオロギや鈴虫の声がすずしげに秋のはじまりを知らせてくれる。田舎の家だし、私た

もっとみる

親1年目を終えた夫婦。子どもがいることで生まれる喧嘩。

昨日、娘が1歳になった記事を書いた。
今日は、親1年目を終えた私たち夫婦について書こうと思う。私の心の狭さが露呈するようであんまり書きたくなかったんだけど、書き始めたら自分の心の整理にもなりそうなので書いてみる。
はっきり言って、ここ最近夫との関係はすごくむずかしくなっている。誤解を恐れずに書くと、子どもがいなければうまれなかった喧嘩がかなりうまれてしまっている。

どうしても、私が寛容になれない

もっとみる
また読んでください!
156

娘の1歳の誕生日。母1年目を終えて。

娘が先日、1歳の誕生日を迎えた。
月並みだけど、振り返ると本当にあっという間だった。
産後数か月は結構精神的に大変で、これがずっと続くなんて考えられない...と思ったものの(それについて書いた記事はこちら)、今となっては、これと同じ1年を20回繰り返したらもう娘は20歳になることに驚く。

娘の成長

この1年で娘ができるようになったことは無数にあるが、ここ1、2週間のフィジカル面での成長は特に目

もっとみる
Thank you!!
57

子どもがいる人生は幸福なのか

妊娠中、本当に子どもができることってハッピーなことなのだろうかと考えて怖くなっていた。
もちろんハッピーな人もいるだろうけれど、もう産んでしまったから後悔していても言えないし、後悔していてもプライドとして、その事実を人に言いたくないから言わないだけで、産まなきゃよかったと思っている人も結構いるんじゃないかと思っていた。
誰も本当のことを教えてくれない気がするし、こんなこと言ったら人間性を疑われるん

もっとみる
Thank you!!
30

我が家の猫と赤ちゃん

我が家には3歳の猫がいる。スコティッシュフォールドのドラミだ。

妊娠中に気がかりだったのは、娘が猫アレルギーではないかどうか。
実は夫が猫アレルギーで、免疫ができてきたのか最近は大丈夫だが、飼い始めた当初はガスマスクのような眼鏡をして寝ていた。笑
アレルギーは遺伝しやすいと聞いていたので、娘が猫アレルギーだった場合、最悪猫を実家で飼ってもらったりしなければならない・・・と考えていた。

産後から

もっとみる
Thank you!!
10

赤ちゃんがいても”子ども仕様”の部屋にしたくない

昨年の12月、こどもが生まれて前の家が手狭になって引っ越しをした。

インテリアづくりに関して、こどもがいるからって”子ども仕様”の部屋にしたくない、という思いがある。
お花やグリーンは絶えず置いておきたいし、趣味のいい家具やカーペットを使いたい。サイドテーブルにはかわいい小物を置きたいし、ルームフレグランスで常に良い香りのする場所にしたい。
とはいえ、うちの娘はまだ7か月。ハイハイもしないし、ま

もっとみる
うれしいですー!
38