見出し画像

2018年を振り返って

今年もあと7日なんて!一年の長さは毎年確実に縮まってますね〜 笑  やる事ちゃんとやれたかな? ちょっと今年を振り返ってみます。

今年の出来事

2018年は何と言っても Mt Pelerin モンペルランのコミュニティマネージャーとして本格的にお仕事できたことが大きかったです。

2016年のBitcoin購入がきっかけでブロックチェーンの存在を知り、2017年は暗号資産(仮想通貨)にどっぷり浸かり、トレードと、業界の流れ、ブロックチェーンとは?を理解しようと一生懸命になった年でした。その恩恵からスイスのブロックチェーンプロジェクトに参画。暗号資産業界において日本市場の役割は大きく、たまたま日本人のコミュニティ担当者を探していたプロジェクト、モンペルランとの出会いがありました。

Mt Pelerin モンペルラン

この一年で飛躍的に成長したプロジェクトです。小さなひよっこのただのプロジェクトだったのが、今年 正式に法人化されました。"ブロックチェーン上にスイス銀行をつくる" という大きな目標を掲げて、スイス金融監査局の監視下のもと、開発、コミュニティの発展のため一年間着実に前進してきました。

今年10月には世界初トークン化した会社株式の発行を達成させ、今月、その株式トークンの販売によって、2億7800万円のシード期の資金調達を成功させました!ちょうど今月中旬にそのトークンセールがSOLD OUTとなったところで、とても清々しい気持ちで新年を迎えられます!


SDGs

モンペルランの業務と並行して、今年はブロックチェーンの可能性について追求してきました。ブロックチェーンが様々な社会問題解決の糸口になると知り、もともと興味を持っていたSDGsについてより真剣に向き合いました。(まだまだ全然足りてませんが)

モンペルランが招待されていたので出席した10月の国連 World Investment Form 」SDGsブロックチェーンがかけ合わさる未来について強く確信したのはこの時がきっかけです。



Positive Blockchain

今年、ベルリンのPBのファウンダーからも声をかけて頂きました。

自分のしていることっていうのは、どこで誰が見ているかわからないものですね、ひょんな出会いがあったりするものです。

社会問題解決のためのブロックチェーン事業について一緒に探求していくメンバーになって欲しいと。

おかげで、PBのスタッフとしても活動させていただけています。ベルリンまでは通えないので、スイスのミートアップや、データ管理のサポートをさせて頂いています。

もうすぐ2019年!

2018年は、ブロックチェーンを正式にビジネスの対象と捉え、その実装に向けて企業が模索した年であったと思います。来年はその実装が加速し、もっと目に見える形で、ブロックチェーンが私達の暮らしに浸透してくるでしょう。

私自身にとっても、今年はとても学びの多い、たくさんの吸収があった年でした。来年はこの吸収を発信に変えたい!モンペルラン、PBの業務と並行して、個人的にブロックチェーンに関わる企画を日本の方向けに発信したいです。

企業のブロックチェーンプロジェクト視察などどうかな、と思っています。

日本で SDGs × ブロックチェーンの カンファレンスなど やってほしいという プロジェクト側の希望もあります。

ご興味ある方 ぜひお話ししましょう!

それでは 皆さま 良い年をお迎えください。また来年👋 









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

まだまだ理解が進みにくい世界にいます。めげる事も多いです。同時に一歩一歩確実に近づいてきている私達の未来でもあります。この未来に向き合って下さる方の力になりたいと思っています。皆さんのサポートが励みです!

嬉しい😆
6

Azusa⌘ブロックチェーン

SDGsの為にブロックチェーンができる事を「やさしく」書いています。ジュネーブ ブロックチェーンバンキング Mt Pelerin コミュニティMgr. / ベルリンPositiveBlockchain ポジティビスト / サステナブルツーリズム Japan47 ファウンダー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。