[Ct2019] 風雪 -kaze yuki- (2005)

※こちらは、2019年版の年末年始企画いつものやつシリーズ
 "Cheers to 2019 (略して、Ct2019 )" のコンテンツの一部となります。

2005年に完成し、諸々とあって (完成したまま保守し続け) 2010年にやっとこリリースした作品、「風に舞う吐息、降り積もる雪 -kaze yuki-」のテーマ曲。
当時お世話になっていたボーカル様方 7名にご協力いただき完成した楽曲なので、とても思い入れがある 1曲です。

風雪 -kaze yuki- (2005)

作詞・作曲・編曲 : SENTIVE
Rap.Lyrics : Ippai Yoshino
Vocal : 葉山 りく + 遊女 + 坂上 なち + 坂崎 真央
yuiko + 安保 さゆり
Rap : Ippai Yoshino

風に舞う吐息 降り積もる雪


小さな景色を 溜息で白く曇らせた僕が
泣いてる君の手を奪い温めた
遠い二人

いつまでも 二人いれるなら
この想い 凍らせて
また春が来て 愛しく温めて……
そうやって並んでく

ずっと君の手を離さない 僕は手を離さない
鮮やかに咲いた 桃色の春も
すれ違い 繋いだ手 解ける日もあるだろう
傷つくだけなら 言葉は要らない

駆け出した背中 踏みしめる雪
追いかける程 燃えた恋
振り返る君の頬は 濡れてたろう
何処までも白い景色で


I on that day in the White park I very very scared about
separate with you, I very very sad.
Your small and transient hand
I grasped firmly strongly like confirming you.
But, I cannot detain you.
Disappears to the white scenery, to flowing, like a wind
I seeing to you.
Caz, I was fascinated with you in a true meaning.
Caz, I love you in a true meaning.
This hot desire 
To my heart ・・・

(あの日、あの白い公園で、僕は君と離れるのが
とても怖くてとても悲しくて
君の小さく、そして儚げな手を強く握り締めた。
君の事を確かめるように。
だけど、僕は君を引き止めることが出来なくて
その白い景色の中へ消えていく
流れるように風のように
僕は君を見つめ続けた。
それは、本当の意味で君に恋していたから
本当の意味で君を愛していたから
この熱い想いは、僕の心の中へ・・・)


それぞれの暮らしに囲まれて
それぞれに生きてゆく
また 終る恋 めぐり逢う恋を
繰り返し歩いてく

今も この胸を熱くする 残り火の様な恋
過ぎた日々 そっと二人 辿る恋

君だから行ける道 君だから行けぬ道
明日へ向かう夜 白く染めてゆく

風に舞う吐息 降り積もる雪
長く伸びる二人の影 風に震えてる
空を仰ぐ君 「ほら、雪が降り始めたよ」

※ () 内は、詩的和訳です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご試聴とアクション、ありがとうございます!
4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。