バカサレル

意識すればするほど、あるはずのないものだとしても、そこに存在しているような気がしてくる。

でも、実際は、なぁんだそんなことか、という程度のものは多い。

わたしの目が、勝手にそのように見ているのだ。つまりは、わたしのなかのものが原因で、わたしはあらゆるものを知覚している。

ないものは、ない。元になるものが存在しなければ、それをきっかけにした二次的なものもない。

人をコントロールする術に、ありもしないことで不安をあおったり、あるいはおおげさに見せることで恐怖を抱かせたりして、特定の方へ誘導するというものがあるようだ。

それら不安や恐怖のもととなるものは、あらかじめわたしのなかにある。そうでなければ、知覚できない。

現実は、作り話とは違う。起こり得ないことはあるし、真実は揺るがない。それらと、わたしの知覚とのあいだに横たわる差異がある。

正体不明のものを手当たり次第に怖がるのは、生きる本能かもしれない。それを手放すことは、生命としての反射機構を崩壊させることと言い換えてもいい。人間が長い歳月を費やして獲得した、特殊能力である。

「生命っぽさ」と引き換えに、稀有なアイデンティティを確立した、75億人のエスパーの星。

なんだかよくわかりませんが、人間のほうこそ、狐や狸のようなものかもしれませんね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

bandshijin

11013の手紙に寄せて

11013でなければならない理由も、ないのだけれど。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。