見出し画像

日記帳にミミズが踊る

日記を書いています。毎日書くのが理想ですが、2〜3日分、溜め込んでしまうことがあります。それでも、なんとか1年半くらい続いています。

眠くて眠くてしょうがないけれど、まだ書けていないから終わりにしないで机に向かい続けたとき、日記帳にミミズが踊ります。書こうという意思を伴わずにペン先が紙のページの上を滑り、浮き上がり、また滑り、触れたり離れたりして、めでたくミミズたちがこの世に生を受けるのです。

日記帳以外にも、これまでわたしはいろんな紙のうえにミミズを生み出してきました。生み出そうとする意思がなくとも、誕生するのです。

薬を飲むと、狙った効果の他にそうでない効果があらわれる場合があって、そういうものをわたしは副作用と呼んでいます。

ある効果を狙って薬を飲むというおこないに、副作用がともなう。似たようなことは、服薬以外のおこないについても、あらゆる時、あらゆる場所で起こっています。

わたしが日なたに立ったとします。そこに立つきっかけとなった意図は、なんでもよいです。暖かい光をあびたかったとか、そこに立つことで視界に入らなかったものが見えるようになるとか、まっすぐこちらに向かってくるものを避けられるとか。

そこにわたしが立つと、わたしのからだが光を遮って、影ができるでしょう。それをわたしは望んだわけではありませんし、意図したわけでもありません。でも、わたしのおこないにともなって、そこに影を落とす結果になるのです。

わたしが日記を書こうとして、眠くなって、ミミズが紙の上に踊るように。

お読みいただき、ありがとうございました。


#エッセイ #日記 #日記帳 #居眠り #生活 #くらし #睡眠 #習慣 #意図 #意味 #副作用 #日課

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

このスキを食べて生きます……
7

bandshijin

音楽をやったり、ことばを書いたりします。

雑記集

雑草という名前の草はない。 雑記という名前の記事もない。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。