株式会社マネーフォワードを退職して新しい環境でチャレンジします

2018/03/09に株式会社マネーフォワードを退職いたしました。だいたい2年と3ヶ月いました。すでにもう新しい職場で働いていてAsobicaというスタートアップでFever というサービスを作っています。

マネーフォワード にいた頃

マネーフォワードに入社してからは4つのチームを経験させてもらいました。特に最後に所属していた「しらたま」チームでの開発は本当に楽しかったです。

既存のサービスの機能追加だったり改善ということは経験したことがあったのですが、0からサービスを立ち上げるという経験は初めてでした。マネーフォワードとしては2つ目のC向けのサービスに立ち上げメンバーに選んでもらえたのは嬉しかったです。そんなに目立った活躍もしておらずやりたい気持ちだけはあった僕を選んだのはギャンブル要素高いな。と今になっては思います。

技術的にもチャレンジや工夫できた部分も多くそこももちろん楽しかったのですが、何よりチームメンバーと同じものを見てサービスを作っているという感覚がとても楽しいものなんだなと知ることができました。マネーフォワードに誘ってくれた先輩、僕を推薦してくれた人や選んでくれた会社、リリース前に「あ、やばい。間に合わないから手伝って!」と急にお願いしたのに快諾してくれた同僚や僕の意見も大事にしてくれたチームメンバーには本当に感謝でいっぱいです。

転機


「しらたま」のファーストリリースよりも前の話です。地元の福井県から上京していた高校の同級生の友人がいました。その友人に誘われご飯を一緒に食べることになりました。彼は個人の活動としてサービスやコミュニティを立ち上げていおり、よく活動は耳にしておりました。共通の知人もいたのでおそらく僕がエンジニアをやっていることを知ってサービス立ち上げるから手伝わないか、と言った話かもな。と思いつつ、たまにはご飯食べるのも良いなと思った反面、そういう話が出た場合でも「魅力を感じなかったら断ろ」くらいの気持ちでご飯に行くことにしました。

結論を言うと僕の勘は半分当たって半分外れてました。サービス作ろうというお誘いだったのですが、肝心の内容は「これはとても面白い。このサービス欲しい。」そう思える話でした。それがFeverというサービスの原型でした。しかし、当時は「しらたま」の開発がリリース直前くらいの時期だったので本業が忙しい状態でした。ですので、すぐにはがっつりは手伝えないがそれでも良いなら関わりたい。という条件でですがFeverに副業という形でコミットすることになりました。その時しばらく僕はSlackでちょいちょい口を挟むおじさんと化していました。

「しらたま」を世にリリースしてから約3ヶ月くらい立った頃でしょうか、中だるみというわけではないのですが少し開発ペースも落ち着いた頃です。「しらたま」での仕事が以前よりも余裕が出てきたこともあり、Feverによりコミットできそうだし開発もしていこう、と思っていた頃でした。そこでちょうどよくAsobicaの創業者と会う機会もあったので「もっとコミットしてこうと思う」という旨を伝えたら「どうせならAsobicaに来てくれない?廣瀬(僕)が来てくれたら会社がFeverするよ!」と言われました。少し冗談っぽいですがこの言葉が転機となりました。

即答はしなかったのですが1,2日考えて結論が出ました。サービスが魅力的だし、またサービスを立ち上げるフェーズに携われる。スタートアップとして挑戦したい。少人数の会社が大きくなって行く様を見て行くのも楽しそう。なんか同年代であーでもないこーでもないって言いながらものを作るの良いな。きつくても後から話のネタにできそう。とかとか色々な思いもあり最終的に2018/03/12に入社という形になりました。

Asobicaに入社して

まだ入社して2週間くらいしか経っていないのですが今思っていることについて。Asobicaはまだ僕含めてフルタイムで働いているメンバーは4人と小さい会社です。せっかくのスタートアップなのでこの小さな組織がどんどん大きくなっていく様子を楽しみたいです。そして自分がサービスづくりを楽しくする工夫も思いつく限りやってみようと思っています。

マンションのワンルームがオフィスです。

スタートアップ感があってなんか良いですが、狭いです。オフィスにいるのが100%男で男気が溢れている空間です。顔隠すついでに華やかにしてみました。

現在は開発が集中できるようにリモートワークだったり時間の縛りも緩い働き方で必要があれば出社する形態を認められています。開発するときはガッと開発して、コミュニケーションもしっかりとってサービスづくりを楽しんで行きたいと思います。

まだ実はサービスがリリースまでに至っていないのですがそんな中Techcrunch等いくつかメディアにも取り上げられました。良いスタートが切れてこれから中の人としても今後のサービス作りにもやる気が出ています。

個人として


スター乞食としての活動も継続できるように課題を感じたらOSSを作るってということも継続していきます。この記事を見た人はここのリポジトリにスターをつけてください。スターください。

あとそれとは別に個人としても新しい技術を触りつつプロダクトを作っていきたいなーと思っています。こんなモリモリな状態でやり切れるのかなと思っているのですが、今やる気があるのでこのままの状態を保ちつつ今年を過ごしていこうと思います。

最後に


前職を辞める時に色々な人から声をかけてもらいました。ほとんどの方に「楽しんで」と応援してもらえたのは嬉しかったです。普段から楽しそうな方へ楽しそうな方へとぬらりくらりと流されるように生きてきました。今回もきっと楽しめると思います。今度会う方は「楽しいですよ」報告を期待していてください。

あ、あとこちらもお願いします。
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/1WRZ7ARRXR8AX?&sort=default

_人人人人人人人人人人人人人_
> 突然の amazon wish list <
‾Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y‾

おしまい\(^o^)/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくれたお金は僕がスター乞食するための開発資金にします。(iMacPro欲しい

9

bannzai

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。