かつて電話という時代があった、と、営業電話反対運動ってやってほしい

※土曜日は読む人が激減することが判明したので個人的な話を。

僕が一番電話をしたのは、中学生の時で、相手は石井真美という女の子でした。

僕とその石井真美さんが恋愛をしていたわけではなく、彼女が好きな男子が僕の友人で、僕が好きな女子が彼女の友人だったから、情報交換をしょっちゅうしていた、というわけです。

長いときは一日に3時間や4時間も彼女と話していたので、ほんと、いったい何を話していたのか、とにかくすごく長い時間、彼女と電話をしていたはずです。

 ※

その次に電話をたくさんしたのは、高校生の時で、その女子の名前はごめんなさい、忘れてしまったのですが、その彼女の友人の女子のことを僕が好きで、色々と教えてもらっていたように思います。

その電話をしていた彼女は、とにかくTMネットワークが大好きで、何度も聞くようにとすすめられて、TMネットワークの『セルフコントロール』という歌が歌えるようになったのを覚えています。

 ※

その次はもうそんなに長い電話をした記憶はありません。

妻とはよく電話をしたし、今でも毎日、お店から自宅に電話をしているのですが、あんなに長い電話ってもう2度としないような気がします。

 ※

今って電話、どうなのでしょうか。若い人たち、しているのでしょうか。

想像ですが、ほとんどLINEですよね。いや、すごく好きだとやっぱり「声を聞きたい」とかって感じになって、電話だったりするのでしょうか。

 ※

今、電話、本当に嫌われ者ですよね。

「誰かの作業を無理矢理中断させて、わざわざ受話器のところに出させて、用件を告げるっていったいどれだけ横暴なコミュニケーションなんだ!」って感じですよね。

いや、ほんと、でも実際に僕もそう感じているので、道具って本当に時代によって意味や価値が変わってくるんだなあって思います。

 ※

さて、そろそろ「突然の営業電話」、廃止されたりしないのでしょうか。

前はそんなに気にならなかったのですが、「電話ってほんとひどい」ってことになってきたら、もうなんかすごく僕もイヤになってきているんです。

最近は、「○○ネットワークの○○と申します。店長かオーナーはいらっしゃいますか?」って言われたら、「あ、すみません、結構です」って言って、ガチャリと切ることにしています。

というのは、お店の問い合わせなら、そんな風にはまず言わないし、あるいは取材の依頼なら、「○○の○○と申します。取材の依頼でお電話しました」って最初に必ず言ってくれるからです。

 ※

でもいつも思うのですが、あの営業電話、なくならないということは、それにかけた人件費よりも、「多い契約や売り上げ」が見込めるんですよね。

そうですか、みなさん、契約しているんですね。なんとかして、あの突然の営業電話、「いくらやっても無駄だからもうやめよう」ってなってほしいのですが、まだまだそれは先の話なのでしょうか。

ネット上でもいいので、みんなで反対運動してもらえませんか? そして「まだ電話営業している会社」の名前を公開するとかってダメなんでしょうか。いや、ほんと、営業電話、暴力的です。

#コラム

色んな質問に答えた本が出来ました。『ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信』 https://goo.gl/dZ32IW 立ち読みできます!
https://goo.gl/Q6mRvL

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。→ https://note.mu/bar_bossa/n/n1fd988c2dfeb

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています(大したこと書いてません)。今日は「昨日、ハロウィン」です。

この続きをみるには

この続き:113文字

かつて電話という時代があった、と、営業電話反対運動ってやってほしい

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
54

林伸次