『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』全文公開します

僕がnoteで書きためた、超短編恋愛小説を、ひとつの物語にまとめて『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』という小説として幻冬舎から発表しました。

ピチカートファイブの小西康陽さんに推薦文を書いていただいてます。

まだまだ知らない方、たくさんいると思うので、いろんな人に知ってほしいなと思って、こちらのnoteで全文公開することにしました。

明日から毎週火曜日にひとつづつ、アップいたします。

もし気に入ったお話があったらシェアやスキをいただけると嬉しいです。

そしてもちろん、本を買っていただけるともっと嬉しいです。もう持っているよという方、プレゼントとかにも良いですよ(笑)。

さて、この『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』全文公開にともない、noteで「 #ファーストデートの思い出 」というハッシュタグで、みんなの投稿を募集します。

ファーストキスは人生のうちに1回だけですよね。

でも、ファーストデートって人生に何度もありますよね。ファーストデートって楽しいですよね。

男性は「まずあそこに行って、そして軽くお茶でもして、その後は…」って感じで、シミュレーションしますよね。ロケハンなんてする男性もたまにいます。

女性は「どんな服、着ていこうかな。でも気合い入りすぎてるとなんか負けだな。軽い気持ちで、でも可愛い感じってどの服だろう? え、私、何悩んでるの? え? 恋?」って感じになったりもします。

そんなあなたの「ファーストデートの思い出」を、どんな相手と、どんな風に約束をして、どんな場所へいって、どんなことをしたのか。

そんなほろ苦かったり、甘酸っぱかったりするエピソードを、イラスト、写真、エッセイ、マンガ、動画など、あなたらしい表現でぜひご投稿ください。

投稿いただいた作品の中から素敵な作品には、「幻冬舎plus」への掲載をご相談させていただきます。

僕が気に入った作品は、僕のツイッターやFBでも紹介します。

あともちろん、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』の感想やイラストなんかも是非、お願いいたします。その際のハッシュタグは「 #恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる 」でお願いいたします。

それでは明日から全文公開です。よろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
123

林伸次

恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。全文公開

僕の小説『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を全文公開します。
2つのマガジンに含まれています