賭け事ができない

※土曜日は読む人が激減することが判明したので個人的な話を。

兄が「株」を始めたらしいんです。なんかスマホを取り出して、「今、アプリで簡単にやれるんだよ。ほら、今○円も儲かってる」とか言ってるんです。

うーん、林家にそんな素質の血があったんだ、と驚いていまして。

まあでも、僕の祖父は満州で一旗あげて、そうとうな山師だったらしいし、そういうものなのかなあと思っているんですね。

僕、正直に言うと、兄が株で儲かっているっていうのがすごく羨ましいんです。

流れとか波とかを見て、「ここだ!」って賭けて、「ドーン!」と大金が転がり込むってホントやってみたいんです。

でも僕、そういう素質がないんですよねえ。

決していい人ぶっているわけではないのですが、「賭け事」がまったく興味ないし、できないんです。

競馬や麻雀はもちろん、宝くじも買ったことないんです。

これ、理由は、僕が「ケチ」だからだと思っていたんですね。僕、すごくケチだから、宝くじなんて買えないんだと思ってたんです。

でも最近わかってきたのは、要するに「臆病」なんです。

小さい頃、男の子って「誰が一番高いところから飛び降りれるか」っていう競争をやったりしますよね。

そういうの、すごく苦手だったんです。なんか足がすくんじゃって、こんなので勝ってどうする、これに何が意味があるんだ、とかって自分に言い訳して、まあ棄権しちゃうんです。

そうなんです。今まで賭け事をしなかったのは、臆病だから棄権してたんです。

株とかああいう金融ものって、何かで読んだのですが、「度胸」とか「胆力」みたいなものがすべてらしいんですね。

ちょっとしたことで動じないというか、自分の直感を信じて突き進む力がすべてらしいんです。

そういうの、自分にはまったくないんだよなあ、と思います。

本当は兄みたいに株で「ドーン!」といきたいのですが、無理なんですよねえ。

「いらっしゃいませ」を言い続けて、何かを作って売って、何かを書いて売って、っていうのを小さく続けるしかないなと思っている48歳の冬近しです。

#コラム

色んな質問に答えた本が出来ました。『ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信』 https://goo.gl/dZ32IW 立ち読みできます!
https://goo.gl/Q6mRvL

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。→ https://note.mu/bar_bossa/n/n1fd988c2dfeb

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています(大したこと書いてません)。今日は「葛根湯って」です。

この続きをみるには

この続き:127文字

賭け事ができない

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
60

林伸次