女性が拗ねること、と1月6日の日記

※この文章だけ単品で100円で買えますが、300円(ペットボトル2本分)でこのマガジンを購入すると、1ヶ月30本くらい読めるので1本10円です。そちらがお得です。

バーという場所で働いていて、すごく気をつけていることがありまして、「周りに複数の女性がいるとき、1人の女性だけを特別扱いしない」とうことです。

もうこれ、当然ですよね。世界の常識ですよね。

周りにたくさん女性がいるのに、ある1人の女性だけを「ちやほや」していいのは、その女性が「妻」か「恋人」か「狙っている女性」の時だけです。

そうではない場合は「女性全員を特別扱い」しなくてはなりません。

この続きをみるには

この続き:2,714文字/画像1枚
記事を購入する

女性が拗ねること、と1月6日の日記

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
74

林伸次

bar bossa林伸次の毎日更新日記と表では書けない話

読んだ本、買ったレコード、食べたもの、妻が作ってくれた料理、会った人との話、思いついたこと、街で見かけたこと、時事ネタ、そしてちょっと表では書けない話を毎日、1000字くらい書きます。

コメント12件

茉莉花さん なるほど、一番年上って有効そうですね。こっそりちやほや、良いですよね!
hiramasaさん 女性って新入社員問題、深そうですね!
男性は拗ねないんですね、新たな気づきを頂きました。ありがとうございます。
ちなみに、#metoo のことですが、女性へのハラスメントや暴力は実際に存在します。男性が女性を拗ねさせてしまったからではありません。男性には、どこかそんな意識もあるんでしょうか。これも勉強になります。
ピロシキさん もちろん#metooで、女性へのハラスメントや暴力が実際に存在するのは知ってますよ! 女性を拗ねさせたんじゃないのも知ってます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。