ツイートする人にお金が入ってくる新SNSどうでしょうか

最近、ツイッター、ダメですよね。 

僕、ツイッター自体はすごくよくできていると思うんですね。 

とにかく情報が早いし、検索が出来るっていうのもいいし、友達にならなくても、フォローしなくても見れるっていうのもいいですよね。 

でもご存じのように今、ツイッター離れが加速していますよね。 

広告も良くないし、「いいね」をまるでRTしたかのようにTLに表示するのも良くないですよね。あとやっぱり「凍結」も良くないし、ヘイトツイートも嫌ですよね。 

 ※ 

で、今こそ、ツイッターに似ていて、ツイッターをこえるSNSを作ったらみんなそっちに流れると思うんですね。 

でも、どうやったら、みんなが、というか有名人が新しいSNSに流れてくるか、考えてみました。 

このnoteと同じ発想なのですが、「ツイートする人がお金儲け出来るようにする」と、みんな流れてくると思うんです。 

例えば、あるアイドルのアカウントをフォローするのに、一ヶ月「5円」かかるんです。 

で、その「新SNS」の取り分が1円で、4円はそのアイドルにいくんです。 

これ、いけると思いませんか?自分で考えても、無料のツイッターで発言するよりも、お金を払ってくれている方に、「とっておきのツイート」をすると思うんですね。 

もちろん、インスタグラムからも流れてくると思います。有名なインスタグラマーが、「あれ、あっちの新SNSで写真をアップするとお金が入るんだ」って気が付くと、みんな流れてくると思うんですね。 

今、自分でも想像したのですが、「すごく良いとっておきの写真」は「新SNS」の方でアップしておいて、「インスタグラム」の方で、「あっちに良い写真はアップしてます」って告知するような気がします。 

やっぱりみんな「お金儲け」は好きなんです。そこを刺激すればみんな「新SNS」に流れてくるような気がします。 

 ※ 

で、新SNSは後発なので、ツイッターとインスタグラムの良いところはちゃんと頂きます。 

やっぱりインスタグラムが荒れないのって、「悪質な突っ込み&拡散」がないからだと思うんですね。 

だから、その新SNSは「RT」は出来るけど、リプライは出来ないとかどうでしょうか。 

あと、人種差別や誹謗中傷のようなツイートは出来ないようにするとかどうでしょうか。 

  ※ 

あと、「4万RT」とかされているのに、その「最初にツイートした人」に印税がいかないのってやっぱり不思議ですよね。 

RTが多くなると、その新SNSから印税のようなものが支払われるっていうのもどうでしょうか。 

もちろんインスタグラム的な写真に対して「いいね」がすごく多いと、新SNSからお金が支払われます。 

そういうのって「悪く使う人」ももちろん出てくるかとは思うのですが、その辺りを全部チェックできるようなシステムも可能のような気がします。 

どうでしょうか?  

いつも思うのですが、インターネットって「無料」なのが時々、悪いことに繋がると思うんです。 

お金がかかっているところって、すごく生産的で平和だと思います。いけると思うんですよねえ、課金制SNS。

#コラム

色んな質問に答えた本が出来ました。『ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信』 https://goo.gl/dZ32IW 立ち読みできます!https://goo.gl/Q6mRvL 

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。→ https://note.mu/bar_bossa/n/n1fd988c2dfeb 

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています(大したこと書いてません)。今日は「この季節の風邪」です。

この続きをみるには

この続き:132文字

ツイートする人にお金が入ってくる新SNSどうでしょうか

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
85

林伸次

あなたと社会と世界の『未来』を変えるイイ話

かつて私たちの夢見た豊かな暮らしは、もはや待つだけでは手に入らない。独立自存により『自由』を得て、自分を取り巻く世界の『未来』を変えるための道は、おのずから動く者にのみ開かれる。そのヒントは先達の教えに、世界の歴史に、同業者や異業種の成功事例に――あるいは地下鉄の壁や長屋の...
2つのマガジンに含まれています