千歳烏山の天天厨房の謝シェフにインタビューしました

僕、中華料理ってすごく好きで、たまに食べたくなって色々と調べて行くんですね。

でも、「これ!」っていうのに出会えなくて、たぶん本当はあるんだろうけど、中華料理店って数が多いし、出会えないなあって感じてたんです。

そしたらあるとき、妻が「すごく美味しい中華料理店を見つけた」って言うんです。

行ってみました。

そしたらそこ、台湾出身のシェフが目の前で調理しながら、いろんな台湾の調味料や料理法方のことを説明してくれるんです。

そして、その料理一品一品に対して、「日本酒」をあわせてくれるというすごく面白い試みをやっているんです。

台湾の調味料は、台湾に帰国したときにわざわざ自分の足で調べて、同じモノを日本で作ってるんです。

あるいはハーブやスパイスの使い方もすごく面白いし、それらにぴったりとあう日本酒や紹興酒を提案してくれるんです。

これはカフェレスのインタビューで、詳しいことを聞いてみよう、どうして日本でこんな風な中華料理店を営むことになったのか、その経緯を聞いてみようと思って聞いてきました。

 ※

その文章はカフェレスの方を読んでいただくしかないのですが、さわりだけちょっと報告します。

その千歳烏山のお店は「天天厨房」といいまして、まず「台湾料理」というところにこだわっているんですね。料理のどこかに必ず「台湾らしさ」というニュアンスをいれているそうなんです。

でも、基本的に「料理オタク」である謝シェフのオリジナルな発想の料理が食べられます。

まず、「どうして日本に来たのか?」という一番の疑問から聞いてみました。

元々、台湾の調理師の大学で勉強して、台湾の飲食店で働いていたそうなのですが、「和食を勉強してみたい」と思って、来日したそうなんです。

そしてその「和食」のイメージはやっぱり日本のマンガからだそうで、日本のマンガ文化、本当に海外の人に多くの影響を与えていますよね。

それで、日本語学校で学んだ後、日本の調理師学校で学んで、いろんな日本の和食店(赤坂の懐石料理店でも働いています)で働いて、パクチーハウスで働いて、千歳烏山に自分のお店を持ちました。

感じで言えば、日本人がパリでフランス料理を勉強して、いろんなお店で働いて、最終的に自分なりの和食店を初めて、そこで料理にフランスのワインをマリアージュさせて、提供しているって状況でしょうか。

まあとにかく、謝シェフの料理を食べていると、「国境」とか、「時代」とか、「東アジア」とか、いろんなことを考えさせられて「知的好奇心」をおもいっきり揺さぶってくれるんです。

さらに、すごく美味しいです。うちの妻、とにかく料理とかお店の雰囲気にうるさいのですが、天天厨房は好きで、さらに謝シェフの「料理オタク」な感じと、笑顔の大ファンでして、是非、お店に足を運んでみてください。

できれば、「料理に日本酒をあわせてください」ってオーダーしてみてください。

あと、これからフランス料理とのコラボとかも考えているようで、すごく楽しみなお店です。取材も是非です。

あ、細かいお話もほんと面白く聞けたので、ご興味ある方は今出ている「カフェレス」を読んでくださいね。なんか自分、このカフェレスですごくいい仕事している自信があります。是非。

#コラム

お酒やバーについての僕の本です。『バーのマスターはなぜネクタイをしているのか?』 https://goo.gl/QGdp48

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。 

この記事は投げ銭制です。面白かったなと思った方は下をクリックしていただけると嬉しいです。おまけでちょっとした個人的なことをほんと短く書いています(大した事書いてません)。今日は「昨日はトイレがつまって」です。

この続きをみるには

この続き:90文字

千歳烏山の天天厨房の謝シェフにインタビューしました

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
40

林伸次

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。