一夫一婦制の理由と、2月10の日記

※この文章だけ単品で100円で買えますが、300円(ペットボトル2本分)でこのマガジンを購入すると、1ヶ月30本くらい読めるので1本10円です。そちらがお得です。

※今回、本当は書きたくないのですが、書かざるを得ない「露骨な性表現」が数カ所あります。苦手な方は読まないでください。

結婚という制度、どうして始まったんだろうって常々、疑問なんですね。

まあ普通に調べてみると、「農耕が始まって、食料が備蓄されはじめて、裕福な階級が出来始め、その家を引き継ぐため、結婚という制度が生まれた」というようなことが書いてあります。

それはまあわかるのですが、どうして「一夫一婦制」を多くの民族が採用しているのか、疑問ですよね。

それを知りたくて『結婚の起源』という本を読んでみまして、僕なりにわかりやすくかいつまんで要約します。

まず、僕たち人類が2本足で立ちはじめて、赤ちゃんの頭が大きくなって、「早産状態」で出産しはじめました。

他の動物は、生まれたらすぐに立って歩き出しますよね。

でも人間の赤ちゃんは「未熟な状態」で生まれてくるわけで、しばらくの間、母親が面倒を見なくてはいけないわけです。

この続きをみるには

この続き:2,332文字/画像1枚
記事を購入する

一夫一婦制の理由と、2月10の日記

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
86

林伸次

渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n

bar bossa林伸次の毎日更新日記と表では書けない話

読んだ本、買ったレコード、食べたもの、妻が作ってくれた料理、会った人との話、思いついたこと、街で見かけたこと、時事ネタ、そしてちょっと表では書けない話を毎日、1000字くらい書きます。