必ずセックスを誘う人になる、と6月19日の日記

昨日も書いた話ですが、「もし男性が、女性を1対1で、夜のお食事を誘ったとしたら、ほとんどの男性は、ちょっとくらいは気はある」と考えて良いと思うんですね。

もちろん例外はありまして、「この女性と親しくしておくと、良い仕事とか人脈に繋がりそう」っていう場合もありますし、「純粋にこの女性とは趣味の話をしたい」っていう場合も「ごくまれに」あるようです。

でもほとんどの場合は、ちょっとくらいは「この女性とキスとか手繋ぎとかセックスとか何かあったら良いな」と思って食事に誘っていると考えて良いと思います。

とか言いながら、ほとんどの男性が、「そんな素振り」を全く見せないですよね。

「メシでも行きますか~」とか「この間の件ありがとうございます。お礼に食事でもおごらせてください」とかって感じで「全然、これっぽっちも狙ってない風」を装いますよね。

※この文章だけ単品で100円で買えますが、300円(ペットボトル2本分)でこのマガジンを購入すると、1ヶ月30本くらい読めるので1本10円です。そちらがお得です。

この続きをみるには

この続き:2,357文字/画像3枚
記事を購入する

必ずセックスを誘う人になる、と6月19日の日記

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
82

林伸次

渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n

bar bossa林伸次の毎日更新日記と表では書けない話

読んだ本、買ったレコード、食べたもの、妻が作ってくれた料理、会った人との話、思いついたこと、街で見かけたこと、時事ネタ、そしてちょっと表では書けない話を毎日、1000字くらい書きます。
1つ のマガジンに含まれています