堕ちた天使が望むこと

堕ちた天使が来店した。

天使はカウンターの席に座るとこう言った。

「実は僕、地上にいるある人間の女性に恋をしてしまって、天国から追放されたんです。それで、地上に堕ちた今、ここで祝杯をあげようかなと思いまして。何かシャンパーニュをいただけますか」

僕は少し悩み、かつてコンコルドで出されていたブルーノ・パイヤールのロゼ・シャンパーニュを開けて、天使に出した。

「あなたはその彼女には会えるんですか?」

「それがちょっと難しいことになっていまして、今の決まりでは、天使は人間の姿で恋する人間の女性に会ってはいけないんです」

「そうなんですか」

「でも、彼女の周りの何か『物』にだったら会っても良いという許可を神様から頂いたんです」

「彼女の周りの物ですか」

「はい。ちょっと色々と悩みました。彼女が結婚してから夫と建てる家。彼女が乗っている自動車。彼女がつけている口紅。彼女が着ている洋服。彼女が娘のために買うピアノ。私はいったい彼女の周りの何に生まれ変われば彼女の人生の幸せに貢献できるんだろうかと」

「それは悩みますね」

「はい。それでさっきこのバーに入る前に決めました。彼女があと1ヶ月後にある文庫本を買うことがわかっているんです。そして彼女はその本に感動して一生鞄の中に入れたままにして、何か悩み事があるたびにその本を開いて読むそうなんです」

「その本に生まれ変わるんですね」

「はい。その本の文章は僕が書きます。彼女のことだけを思って、彼女がこれから恋をしたとき、彼女が結婚するとき、彼女が家庭を持ったとき、彼女はたくさんの悩みを持つはずなんです。そんな時に彼女の幸せの、そして人生の支えになるような文章を書けたら。そして恋の詩も書いて、僕のこの恋心が少しでも彼女に伝われば良いな、なんて思っています」

「彼女に恋心が伝わると良いですね」

僕と天使はシャンパーニュで乾杯をして、ある女性が読もうとしている本のことを思い描いた。

#超短編小説

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
34

林伸次

超短編恋愛小説

1つのマガジンに含まれています

コメント2件

人生の大事なときに影響を与えることができるって素敵です!!
優しそうなその本を読んでみたいと想像がふくらみました。透明感あふれるこの物語もまた素敵です。
Chisatoさん 物語の中に物語を入れるというのが好きなんです。ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。