「大学2年で就職ややりたいことがみつかりません」に答えました。

※水曜日は質問に答えています。

【質問】

私は今四年制大学の二年です。

ですがまだ、どんな就職先がいいとか、やりたいことがイマイチ見つかりません。

なので資格の勉強さえもせず、夏休みをぐーたらに過ごしてしまいました…。家の中にいても発見はないのに。

同級生は学校のプログラムで海外の企業訪問をしたり、自主的に海外ボランティアしたりしていた子もいました。インターンシップに参加していた子ももちろんいます。

それに比べて私は…。大きな行動に出れるのはすごいなあと、ただ関心するばかりでした。

そういう子たちは、この会社よかったとか、海外の企業で話を聞けてよかったとか、嬉しそうに話してくれます。

私はこれからどうしたらいいんでしょうか。

なんとなく、親が公務員だからと、公務員を受験するための授業は受けていますが、やる気のなさから自習はしていなく、先生に見放されそうです。

かといって資格もなく。行動もなにも起こせない。

わたし、就職の危機感を感じなさすぎなのか、意欲がなさすぎなのか…。

皆みたいに行動的になれない私に、毎日憂鬱です。

長い文章になりましたが、ぜひ林さんのお考えを聞かせていただきたいです。

宜しくお願いします。

【答え】

いつも思うのですが、18や19くらいで「将来はこういう職業に就きたいから、こういう準備をしよう」とはあまり思えないですよね。

実際僕も貴女の年齢の頃は大学の授業には全く出なくなって、完全に卒業は無理だろうなあってわかってしまって、でも「いつか大物になってやる」という根拠のない自信だけはあり、でも貴女と同じように何か将来に向かって具体的なことを始めるわけでもなく、毎日不安でいっぱいな気持ちになっていました。

「こういう資格が必要なんだなあ」とか「若い頃もっと英語をやっておけば良かったなあ」とかって気がつくのは、実際の社会に出てからなんですよね。

そして日本の大学生をやっている限りはかなりぬるま湯なので、そんなに切迫した状況でもないから、貴女のように「就職のことが不安なんだけど、何にも行動には出られない」という気持ち、すごくわかります。

実際、僕の周りでは、ちゃんとした就職活動みたいなものはせず、なんとなくバイト先の仕事をそのままとか、知り合いの人の紹介で就職って人がかなり多いです。

そして僕もそのうちの1人でして、大学は中退なのでもちろん就職活動なんて出来なかったし、ホワイトカラーの仕事なんてしたことありません。

そしてこの僕のように、企業に就職しないで、なんとなくバイトを続けたり、人世を変えようと思い立って海外に行って挫折して戻ってきたり、またバイトや派遣でなんとなくすごすという人世は結構大変です。

そして、そういう場合の多くは「金銭的にいつまでたっても安定しない人生」です。それって貴女が想像する以上につらいです。僕はオススメいたしません。

 ※

でも今から「将来、何をやりたいか」ってわからないですよね。ではこういうのはどうでしょうか?

僕は若いときに、とにかくいろんな種類のバイトをしたんですね。

ライブ会場の設置とか、旅行代理店とか、電報局とか、本の印刷工場とか、NHKの中の警備員とか、下水処理の検査員とか、血液検査の会社とか、まだまだ色々とあるのですが、そういうのを若いうちに経験すると「ああ、こういう職業の大人はこういう感じで働いているんだ」っていうのが間近で見れていろんなことを思いました。

そして、「この人、すごく疲れてそうだなあ」とか「この大人、すごくやりがいがある仕事をしているんだなあ」とかいろんなことを思いましたし、「でも、自分にはこういう表計算みたいな作業はちょっと無理だなあ」とか「自分は人を使う仕事は出来ないんだなあ」とか色んなことがわかりました。

そういうのを見て、僕は「自分で飲食店をやろうかな」と決めました。

そういう「色んな大人と出会えるアルバイト」をとにかく色んな種類をやってみるというのはいかがでしょうか?

実際の現場で大人と一緒に働くと、「実はこの社会はこういう人が動かしているんだな」とか「こういう地味だけどすごくやりがいがある仕事があるんだなあ」とかって色々と気がつくことがあります。

僕としては本当は「お酒を扱うちょっと高級なお店」でアルバイトをするのもオススメいたします。

レストランでもバーでも料亭でも良いのですが、「そうかあ。大人ってこんな場所でこんな高いお酒を飲んでいるんだ」って知ると、世の中のいろんなことに気がつきますよ。

バイトだと「簡単でお金が良い仕事」と考えがちですが、「社会勉強」と割り切って、とにかく色んな仕事をするのって世の中を知るきっかけになりますよ。

それで改めて、「じゃあ自分はどういう職業が向いているかなあ」と考えてみるとか、そのアルバイト先で知り合った、例えば職人さんに「この職人になるにはどういう風にすれば良いんですか?」って相談したり出来ます。

 ※

何か具体的な動機がないと「新しい行動」を始めるのって難しいですよね。

でしたら、「とりあえずお金が入ってくるんだし」とか「こんなバイトやってみたら、みんなに話すネタがあるかも」とかって気持ちでやってみてはいかがでしょうか。

ちなみに新宿や渋谷、六本木や銀座みたいなところのバーでアルバイトをするのが一番のオススメです。人世楽しんでくださいね。

#コラム

※質問受け付けております。makijobim★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)にメールしてください。質問の文章に個人情報をたくさん書かれる方がたまにいらっしゃいますが、「コピペして公開可能な文章」でお願いいたします。

飲食店って本当に面白いなあって感じの本を出しました。『バーのマスターは「おかわり」をすすめない 飲食店経営がいつだってこんなに楽しい理由』 https://goo.gl/oACxGp

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています(大したこと書いてません)。今日は「益田ミリのこと」です。

この続きをみるには

この続き:113文字

「大学2年で就職ややりたいことがみつかりません」に答えました。

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
75

林伸次

BookMarkしたnote

1つのマガジンに含まれています