面倒くさい人の対処方法、と5月13日の日記

僕、仕事中は飲まないので、バーで「酔っぱらってないの」、僕だけなんです。僕だけ、素面で「酔っぱらい」の相手をしてるんです。

だから、バーテンダー修行を始めたときは、「大変な仕事だな」ってびっくりしました。

というのは、普段は紳士な方も、すごく下品になったり怒りっぽくなったり、まあ豹変するんです。

楽しい飲み方をする人は嬉しいのですが、「困ったなあ」って方もいるわけです。

①嘘だったり、ちょっと話を大きくしたりする人
まあもちろん僕も「ちょっと数を多め」に言ったりすることってあります。みんなそれは「ついつい」やっちゃいます。でも「行ったことある」とか「その人知ってる」系の嘘ってちょっと困ります。嘘だとわかってしまうと、その話題、出来なくなってしまうんです。

この続きをみるには

この続き:1,811文字/画像1枚
記事を購入する

面倒くさい人の対処方法、と5月13日の日記

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
90

林伸次

bar bossa林伸次の毎日更新日記と表では書けない話

読んだ本、買ったレコード、食べたもの、妻が作ってくれた料理、会った人との話、思いついたこと、街で見かけたこと、時事ネタ、そしてちょっと表では書けない話を毎日、1000字くらい書きます。