「食べ終わったら帰ってね」が大丈夫だった昔、と5月6日の日記

24年前、下北沢のフェアグランドというバーでバーテンダー修行をしたんですね。

そのバーの「まかない」が「他の飲食店で1000円以内までの食事」だったんです。その時は「そういうものなんだ」って思ってたのですが、今、考えてみるとそんなの聞いたことないですよね。

バーが7時開店としますよね。そしたら、6時にお店に入って、掃除を10分くらいやって、その日のスタッフと一緒に、「じゃあ今日はどうする? カレーでも食べようか」とか言って、カレー屋に行って食事をするのが「まかない」だったんです。

これ、社長の中村さんの意図としては「お客さん側の気持ちを経験しろ」って意味があったんだと思います。

※この文章だけ単品で100円で買えますが、300円(ペットボトル2本分)でこのマガジンを購入すると、1ヶ月30本くらい読めるので1本10円です。そちらがお得です。

この続きをみるには

この続き:2,276文字/画像1枚
記事を購入する

「食べ終わったら帰ってね」が大丈夫だった昔、と5月6日の日記

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
115

林伸次

bar bossa林伸次の毎日更新日記と表では書けない話

読んだ本、買ったレコード、食べたもの、妻が作ってくれた料理、会った人との話、思いついたこと、街で見かけたこと、時事ネタ、そしてちょっと表では書けない話を毎日、1000字くらい書きます。