セフレが世の中を変える、と7月5日の日記

LEONの美人インタビュー、シーズン2で、編集部サイドから、「林さん、セフレについてもう少し質問してください」という要望があったんですね。

現代日本で、「セフレ」ってふたつ意味がありまして。

①女性の方は男性のことが大好きなんだけど、「付き合う=恋人」という関係性になりたいのだけど、男性の方が「付き合おう」とは言わないという状態。

②男性女性どちらも、「付き合おう」とは思っていなくて、「身体の関係だけの方が良い」と思っている状態。

今日のテーマはこの②でして。というのは、これってすごく「現代的」なんです。

先日読んだ『結婚の起源』という本でこんなことが書いてありました。

一年中毎日いつでも「セックスが可能」なのは「人類だけ」らしいんですね。

他の動物は「発情期」っていうのがあって、フェロモンが出たり、お尻が赤くなったりして、「交尾」して「妊娠出産」ですよね。

でも、人類は発情期なしで、いつでもセックスができるんです。

※この文章だけ単品で100円で買えますが、300円(ペットボトル2本分)でこのマガジンを購入すると、1ヶ月30本くらい読めるので1本10円です。そちらがお得です。

この続きをみるには

この続き:2,226文字/画像2枚
記事を購入する

セフレが世の中を変える、と7月5日の日記

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
89

林伸次

渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n

bar bossa林伸次の毎日更新日記と表では書けない話

読んだ本、買ったレコード、食べたもの、妻が作ってくれた料理、会った人との話、思いついたこと、街で見かけたこと、時事ネタ、そしてちょっと表では書けない話を毎日、1000字くらい書きます。