「林さんが、女性と食事に行くとしたら?」に答えました。

※水曜日は質問に答えています。

【質問】
「林さんが、奥さんがいない休日の夜、どうしても誰か女性と食事に行かなきゃいけないとしたら、どういう女性を誘いますか?」(カウンターで質問されました)

【答え】
この質問、先に説明いたしますと、ある男性が、「奥さんがいないとき、別にその女性とエッチしたいとかそういう気持ちじゃないんだけど、女性と食事でも行きたいなって時、あるじゃないですか。でも、職場とか仕事で知り合った女性を誘うのもあれだし、そういうときってみんなどういう女性を食事に誘うんでしょうかね。林さんだったら、そういうとき、どういう女性を食事に誘います?」って質問されたんです。

先に言っておきますと、妻と娘が家にいない休日ってたまにあるのですが、僕はそういうときは「ひとりぼっち」を楽しみます。休日くらい誰とも喋りたくないなって気持ちです。

昼は新宿やお茶の水のレコード屋と本屋にいって、たくさん買って、その後、bar bossaに立ち寄って、だいたい小説を書きます。すごくひとりぼっちで、誰とも何時間もしゃべらないと、どういうわけか「小説のアイディア」みたいなものが出てくるので、それを少し書いて、今日買ったばかりのレコードをお店で聞いて、ビールを飲んで、それで帰りにTSUTAYAに寄って、映画を借りて、自宅の近所のスーパーでお惣菜とワインを買って、家に帰って、映画を観ながらワインを飲んで、寝ます。

でも、そうしないで、誰か女性と食事をしなきゃいけない、ということですよね。

まず、「今度の日曜日、妻と娘がいないんで、食事でもどうですか?」って誘って、「いいですよ~!」って返事が戻ってくる女性って、まあ一応こういう仕事をしているので、何人も思いつくのですが、今、想像すればするほど、微妙ですね。

今、想像してみてやっぱり思うのですが、男性が女性を誘って、1対1で食事に行くって、どう考えてもそれは「デート」ですね。

まずいなあ、もしかして、何かあって、妻にバレたらどうしよう、って感じで、落ち着いて食事なんてできないですね。

さらに「知り合いのお店」なんて絶対に行けないし、知り合いにすれ違ったり、知り合いにそのお店で会ったりする「僕がよく使う街」では食事はできないですね。まあ渋谷周辺、代々木上原や青山や恵比寿、代官山、中目黒方面なんてまず使えません。

相手の女性にも「絶対にこのことは秘密ね」とかって言えないしなあ、とかって感じですごく微妙ですね。

いやあ、世の中の既婚男性が、普通に女性を誘って、1対1で食事をしているのが、すごいなあってわかってきました。

 ※

そうですね。1対1はちょっとやめておきます。あまりにも危険です。

たぶん、誰か悪い男性に連絡をとります。

で、「今度の日曜日、妻と娘がいないんだけど、なんか女子達とみんなでお鍋とかバーとかカラオケとか行って、パーッと楽しく遊びません?」って感じで誘います。

そういうメールを僕がすると、「了解です。あ、そうだ。林さんに紹介したい○○で働いている○○っていう女性がいるんです。その彼女とあと○○ちゃんとかどうですか?」って感じで、「すごくわかってるなあ」って返事が来る人って、僕、たくさんいるんですね。

彼らに連絡します。こんな答えで良かったでしょうか。

あ、もちろん、僕は妻に内緒で女性と食事に行ったりはしないですので、よろしくお願いいたします。そういう誘いのメールも結構ですので。

#コラム

※質問受け付けております。makijobim★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)にメールしてください。質問の文章に個人情報をたくさん書かれる方がたまにいらっしゃいますが、「コピペして公開可能な文章」でお願いいたします。長文だと読者が読まないことがあるので、出来れば500字以内でお願いします。

色んな質問に答えた本が出来ました。『ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信』 https://goo.gl/dZ32IW 立ち読みできます!
https://goo.gl/Q6mRvL

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。→ https://note.mu/bar_bossa/n/n1fd988c2dfeb

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています(大したこと書いてません)。今日は「昨日の渋谷は」です。

この続きをみるには

この続き:141文字

「林さんが、女性と食事に行くとしたら?」に答えました。

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
30
渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n