「恋愛体質ではない自分がパートナーと巡り合える方法は?」に答えました。

※水曜日は質問に答えています。

【質問】

はじめまして。

cakesおよびnoteの連載、毎回楽しみにしております。

先日の「『2回目のデートに誘いたい女性、誘いたくない女性の違いは?』に答えました。」も勿論拝読しました。→ https://note.mu/bar_bossa/n/n4bb71ada0bb1

男性の「少々マニアックな話をしたい」欲について、なるほど、と思いつつ読み進めましたが、最後の「恋愛体質」の件が気になりましたので、相談メールを差し上げる次第です。

私もこちらの相談者様と同じく、20代後半の女性です。現在、資格試験に向けて勉強中です。

5年以上恋人はいませんので、林様の仰るところの「恋愛体質」ではないのだと思います。

確かに、「出会いを求めてどこまでも!」というタイプではありませんし、独りで行動するのも全く苦ではありません。

友達は男女共にいますが、1対1で会う男友達はいません。

時折映画や落語の話で盛り上がったりするものの、基本的には「顔を合わせれば会話する」程度です。

仲の良い男友達の中から特に気の合う方とお付合いするのが理想です。

以前好きなひとは5人ほどいました。

「友達でいられれば十分」と思って何もアクションせずに終わったこともありましたし、自分からぐいぐいいき過ぎて相手が引いてしまったこともあります。

同じく林様の連載を読んでいる女友達に、見た目は「軽やかよりはしっかり、できる女といった印象」で、性格は「好きなことを深掘りするタイプ。でもコミュニケーションの駆引きは得意ではない」と評されました。

ファッションはTシャツにジーンズだったり、きっちり系だったり、色々です。

ノーメークで外出することもままあります。

来年、資格試験が終わったらがらりと環境が変わる予定です。

心機一転、色んな方と関わって、できれば素敵なパートナーに出会えれば、と考えております。

恋愛体質になる方法、または恋愛体質にならなくてもパートナーと巡り会える方法など、林様よりアドバイスいただければ幸いです。

【答え】

なるほど。恋愛体質ではないんですね。

本当にこの「恋愛体質なのか、そうではないのか」というのって、人によってすごく差がありますよね。もうしょっちゅう「好きな人ができた」とか「こんなメールが来たんだけど、私に気があるのかなあ?」とか、そういうことばっかり言っている人もいれば、日々、淡々と業務をこなしたり、はまっている趣味に没頭したりして、恋愛が日常には入ってこない人もいます。

さて「資格試験が終わったら、心機一転、色んな方と」とのことですが、その箇所を読んで、本当に貴女は「恋愛体質ではない」んだなあと実感しました。

僕が思うに、資格試験の勉強をやっていても、仕事がすごく忙しいときでも、どんなときでも「恋って、ある日突然、理由もなく落ちるもの」なんです。

「今やっていることが終わったら、心機一転して、恋でもしてみようかな」という感じでは、普通は人は恋に落ちないと思います。恋って、後ろから突然誰かに棒で殴られるように「ガクン」と落ちるものですよね。

ですので、そういう発想自体からして、本当に貴女は恋愛体質ではないのだなあと思いました(もし傷ついていたらごめんなさい)。

たぶんそういう感覚ですと、合コンに行ったり、趣味のサークルに行ったりして、たくさんの男性と出会ったとしても、貴女は簡単には恋に落ちなさそうですよね。あるいはもし好きな人が出来ても、LINEを何度もやり取りして、男性をその気にさせたり、男性に振り向かせたりっていうのもちょっと難しそうですよね。

でしたら、そういう「自然に恋に落ちるのを待つ」のではなく、「3年後までに結婚をする」とか「1年以内に恋人をつくる」といった風に目標を決めて、色んな男性と二人きりで会って、「付き合うかどうか、あるいは結婚するかどうか」というのを前提に、お話をするのが良いと僕は思います。

資格試験を勉強されているということは、そういう風に「目標を決めて、それに向かって毎日トライ&エラーを繰り返す」というのは、結構貴女に向いているのではないでしょうか。

 ※

さて、例えば「3年後までに結婚をする」と決めたとして、「どうやって素敵なパートナーと出会うか」ですよね。

まず「婚活アプリ」みたいなものって今はたくさんあるようですよね。

これ、「試してみた」とか「それで知り合って結婚した」とかっていうの、僕はカウンターで結構たくさん聞いてるんですね。

まず、「結婚してたりパートナーがいたりするのにそれを隠して、ただ色んな女性とセックスがしたいから積極的に利用している」という男性、やっぱり結構いるようです。

あと、「化粧品を買いませんか?」とか「○○に入会しませんか?」っていうのも多いようです。

でも、やっぱり婚活アプリで出会って、恋人が出来たり結婚したりする人たちもいるようです。

でも、かなりたくさんの人と出会わなきゃならないようです。それがとにかく「心が折れる」ようです。

まず同時進行でいろんな男性と「それでは今度、お食事でも」みたいなメールをずっとしなきゃいけないし、実際に会って「ちょっと良いなあ」って感じても、もちろんその相手の男性も、何十人もの別の女性と会っているわけで、そう簡単には「付き合いましょうか」とはならないようです。

ですので、よほど根気強くやらないと、まあ良い出会いはないということです(でもアプリで結婚している人もいますが)。

僕がいつもオススメしているのはこういうのです。まず、FBなんかを使って、「私、これから、毎月1回、知らない独身男性と会って食事をすることにしました。みなさん紹介してください」と宣言します。

でも、それだけだと「いいね!」はたくさんつくけど、みんな簡単には紹介してくれないようです。で、「今月は後10日になりました。まだ誰とも食事に行ってません。よろしくお願いします!」とかって宣言するわけです。

そしたら誰かが「じゃああいつと会ってみる?」って感じで紹介してくれるそうなんですね。

そういう感じで1年に12人と会えるわけですし、友達の紹介なので、「実は既婚者」とか「○○に入会しませんか」とかは言われないし、婚活アプリの中にはそんなにいないような、「恋愛には奥手だけど、誠実な男性」と出会えるようです。

ちなみにその「友達からの紹介」の場合は、その紹介者も入れて3人でお食事なんていうのは、「一番やってはいけない」ようです。3人だと3人の会話になるから、「親密感がなくて、恋に繋がりにくい」そうです。でも「二人きり」だと、相手を身近に感じて、次のステップへと進めるから良さそうです。

というわけでには「偶然に出会って、偶然の恋に落ちる」のは諦めて、積極的に、出来るだけたくさんの男性と「結婚前提あるいはお付き合い前提」で出会うことだと思います。

良い人に出会えると良いですね。幸せになってくださいね。

#コラム

※質問受け付けております。makijobim★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)にメールしてください。質問の文章に個人情報をたくさん書かれる方がたまにいらっしゃいますが、「コピペして公開可能な文章」でお願いいたします。

飲食店って本当に面白いなあって感じの本を出しました。『バーのマスターは「おかわり」をすすめない 飲食店経営がいつだってこんなに楽しい理由』 https://goo.gl/oACxGp

僕が選曲したCDです。Happiness Played In The Bar -バーで聴く幸せ- compiled by bar bossa → https://goo.gl/tOKcGu

iTunesでも配信しています。→ https://goo.gl/9QJywf

売れっ子編集者の綾女くんがこんなツイートをしてくれました。

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。→ https://note.mu/bar_bossa/n/n1fd988c2dfeb

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています(大したこと書いてません)。今日は「最近、突然鼻水が」です。

この続きをみるには

この続き:94文字

「恋愛体質ではない自分がパートナーと巡り合える方法は?」に答えました。

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
61

林伸次