人望があるないの違い、と5月21日の日記

先日、売れっ子編集者の綾女くんが、bar bossaのカウンターで「俺、人望がないんすよ」って言うんです。

もちろん本当はあるんですよ。じゃなきゃ、ドゥマゴ文学賞を2冊編集なんて出来ないし、韓国と台湾の新しい本屋を紹介する本なんて作れないです。

でも、わかりやすくみんなに慕われているような、そういう人に憧れるんでしょうね。

それで「人望がある人ってどういう人なんだろう」と考えてみました。

※この文章だけ単品で100円で買えますが、300円(ペットボトル2本分)でこのマガジンを購入すると、1ヶ月30本くらい読めるので1本10円です。そちらがお得です。

この続きをみるには

この続き:2,242文字/画像1枚
記事を購入する

人望があるないの違い、と5月21日の日記

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
100

林伸次

bar bossa林伸次の毎日更新日記と表では書けない話

読んだ本、買ったレコード、食べたもの、妻が作ってくれた料理、会った人との話、思いついたこと、街で見かけたこと、時事ネタ、そしてちょっと表では書けない話を毎日、1000字くらい書きます。
1つのマガジンに含まれています