もし自分が今独身で、誰か女性と付き合うとしたら

※土曜日は読む人が激減することが判明したので個人的な話を。

先日、妻と「モテる女性とは」という話をしていたら、妻が僕の言葉をさえぎるように、「うーん、男はガッキーみたいな若くて可愛い女の子が好きなんだよ。私が男だったとしたらやっぱりそうだもん。ガッキーはなんか匂いも違うよ。若くて可愛い女の子が良いんだって」って、ガッキーの匂いを嗅いだこともないのに言うんです。

そうなのかなあ、やっぱりそういうことなのかなあ、ガッキーは匂いも違うのかなあってずっと考えていまして。

というのは、僕は決してガッキーとは付き合わないし、恋にもおちないんですね(もちろんガッキーの方が僕なんてお断りだって言うのは重々承知しています)。

まあ僕が47才というのもあると思うんです。ガッキーとは話があわないと思いますし、一緒にデートとかしても楽しくないような気がするんです。

 ※

で、今、47才の自分が「もし結婚していなくて、今、誰か女性と付き合わなくてはいけない」という状況だったら、どういう女性と「付き合いたい」と感じるのだろうかというのを考えてみました。

具体的に有名人の名前を出しますと、今、僕が「付き合いたいなあ」って思う女性は、原田知世と益子直美です。

検索してみたら、原田知世と益子直美はどちらも50才だそうです。

ちなみに僕は原田知世と益子直美が若い頃って全く興味なかったんです。最近の二人がなんかすごく好みなんです(これまたガッキー同様に、二人が僕なんてお断りってことも知ってます)。

例えば原田知世の『セプテンバー』の動画を見て、僕は「うわ、可愛いなあ」っておもいました。何度も言いますが、昔の原田知世には何にも感じたことありません。彼女がそれなりなお年だから良いんです。

あるいは益子直美も、NHKのアサイチという番組に出ていて、すごく楽しそうに笑っているのを見て、「うわ、この人、可愛いんだ」って気がつきました。何度も言いますが、バレーボールをやってた頃は何にも思いませんでした。たぶん、今の彼女が好きなんです。

どちらも大人の女性で、でもすごく可愛くて、なんか「一緒にお食事したり、街を歩いてデートとかしたい」って雰囲気なんです。

実はさっきから、この僕の感覚を「言語化」して、「50才くらいの女性の魅力」という文章を書こうと思ったのですが、どうもうまく書けません。

でも、この二人の魅力が何か大きな意味を持っているような気がします。いやほんと、ガッキーよりすごく「デートとかしたい」って雰囲気なんです。

この件、しばらく考えてみます。

#コラム

飲食店って本当に面白いなあって感じの本を出しました。『バーのマスターは「おかわり」をすすめない 飲食店経営がいつだってこんなに楽しい理由』 https://goo.gl/oACxGp

僕が選曲したCDです。Happiness Played In The Bar -バーで聴く幸せ- compiled by bar bossa → https://goo.gl/tOKcGu

iTunesでも配信しています。→ https://goo.gl/9QJywf

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。→ https://note.mu/bar_bossa/n/n1fd988c2dfeb

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています(大したこと書いてません)。今日は「昨日は忙しくて」です。

この続きをみるには

この続き:103文字

もし自分が今独身で、誰か女性と付き合うとしたら

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
71

林伸次

渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n