「ライブ会場で見かけたすごく好みの女性にどうやって声をかけたらいい?」に答えました。

※水曜日は質問に答えています。

【質問】

あるライブを観ているとき、そのライブ会場にすごく好みの女性を見つけました。その時、僕はどうやって彼女に声をかけるべきだったのでしょうか?

【答え】

これ、男性なら一度は思ったことありますよね。もうほぼ一目惚れくらいの女性を街中で見つけてしまって、「うわー、すごく声をかけたい! かけたいんだけど、でも、こんなところで声をかけても大体彼女は立ち止まってくれる可能性もないし。まず変なナンパか何かだろうと思うだろうし。でも自分は本気なんだっていう気持ち、どう伝えたら良いのだろう!」って気持ちです。

ちなみに「すごく綺麗な女性」ってたまに、ごくたまにいますよね。

彼女たちによく聞くのは、道を歩いていて、すごく変わっている男性に「一目惚れしました」って声をかけられたことが何度もあるそうです。

わかりますよね。そういう「すごく綺麗な女性」って、しょっちゅう不特定多数の男性の心を「撃ち抜いていて」、その中から「すごく変わった男性のみ」が道ばたで「一目惚れしました」って言っちゃうんでしょうね。

あと、高校生の時に通学電車で全く知らない他校の男子生徒から突然ラブレターをもらったんだけど、気持ち悪くて電車の時間を変えた、なんて話もたまに聞きます。

なるほど。どうやら基本的には「美人にとって、突然の知らない男性からの告白って結構気持ち悪い」と考えて良さそうですね。

               ※

僕の友人が一時期、渋谷の宮益坂で「ナンパ」をしていたことがありました。

もうとにかく「立ち止まってもらうこと」が一番大変なことらしくて、色々と試行錯誤して、一番立ち止まってもらいやすいのは「何か答えやすい簡単な質問をすること」というところにたどり着いたそうです。

もちろん「道を聞けばほとんどの女性が答えてくれるわけ」ですが、その後、「じゃあ」って別れなきゃいけないですよね。

「実は立ち止まってもらうために嘘の質問をしました」って言うと「印象は悪い」です。

そこで彼が思いついたのは「出来るだけくだらない質問」だったそうで、一番立ち止まってくれやすいのは「ねえねえ。肉まんとアンまんどっちが好き?」という質問だったそうです。

ちなみにアメリカがすごく長い友人は近寄っていって「あの、すごく綺麗ですね」ってただ正直に言うと言ってました。

僕の知っているある「すごい美人」は街を歩いていていたら、すごく誠実そうな男性に突然、「あの、すいません。ナンパではないんです。僕、道ばたで女性に声をかけるのなんて生まれて初めてなんですけど、あまりにも好きなタイプでここで声をかけないと一生後悔してしまうと思って、あの名刺だけ渡しても良いですか。本当に怪しい者じゃないんです」って言われて、すごく誠実そうだったから、「その時、ちょっと時間があったからお茶だけした」と言ってました。

藤沢数希の『ぼくは愛を証明しようと思う。』という本を読んでいたら、観光地で一人で写真を撮っている女性がいたら、「僕が撮りましょうか」って声をかけて、その後、「一人で旅行中ですか?」みたいな話をして、その後、お茶でもみたいに誘うって書いていました。うまくいきそうですよね(細かい箇所が間違ってたらすいません)。

               ※

さて、貴方の質問に戻りますと「同じライブ会場」なんですよね。

僕なら「あの女性って誰か知ってる人、いない?」って周りに聞き込み調査をして、その人を介して「紹介」してもらいます。

パーティ会場ではよくありますよね。「有名人」がいて、どうしても少しだけ話したくて、誰かに紹介してもらうというパターンです。

あるいは正直に、「あの、すいません。ナンパじゃないんです。知らない女性に声をかけるのなんて生まれて初めてなんですけど、あなたがすごく綺麗なので」と言いながら名刺を出して、そして「あの、今日のライブはどういうきっかけで来ることになったんですか?」とか「どの曲が好きですか?」といった「彼女が答えやすい質問」を投げかけるのはいかがでしょうか?

よく女性に聞くのは「誰でも良かったんだけど」とか「ちょっとヒマだから」といった「不誠実な男性の態度のナンパ」は「ムカつく」そうです。

「とにかく私のことをすごく好きなんだ。私のことをひとめぼれなんだ。いやあ、私、モテるなあ」って気持ちをくすぐられると、そう悪くない気持ちになるそうですよ。

お試しあれです。

※質問受け付けています。makijobim★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)にメールしてください。この質問シリーズの書籍化のお話をいただきました。出来れば「人生相談的な本」にしたいとのことなので、「人生相談っぽい質問」であれば助かります。

※僕のcakesの連載をまとめた恋愛本でてます。「ワイングラスのむこう側」http://goo.gl/P2k1VA

#コラム

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています。今日は「ほぼ毎朝うちの食卓に出てくる酢の物」です。

この続きをみるには

この続き:87文字/画像1枚

「ライブ会場で見かけたすごく好みの女性にどうやって声をかけたらいい?」に答えました。

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
64

林伸次