若い人がお店を探すとき、グーグルや食べログを使わず、インスタを使う理由を考えてみました

先日、24歳の美容師の姪っ子とランチをしてて、とにかく彼女がインスタを使いまくっているので、「友達とカフェでお茶しようと思ったら、どうやって調べる?」って聞いてみたんです。

そしたら、「え、インスタ」って答えたんですね。

まあ、これは噂通りで予想通りだったのですが、僕が「グーグルで検索したり、食べログ使ったりしないの?」って聞いたところ、彼女、グーグルも食べログもまとめサイトも知らなかったんです。

→ちなみに彼女のiPhoneに「G」のアプリはなくて、ヤフーで検索するそうです。ヤフーはグーグルなので同じことではありますが、でも、「ググる」って言葉、もう通用しなくなるかもですね。さらに彼女、普通のヤフー検索自体あまりしないということにも気づきました。

話戻りますと、はい、彼女、とにかく食べログを知らないし、「渋谷 カフェ」でも検索しないんようなんです。

 ※

これ、普通に考えてみると、まあとにかく「広告」とか「お金を使った誰かの不自然な導き」とかがイヤなんだと思いますよね。

グーグルで検索してみても、スマホで見ると、しばらくは広告っぽいのばかりが上位に出てきます。

あと、まとめサイトが出てきても、「うーん、こういう大手っぽい感じのカフェ5件の中から選ばなきゃいけないんだ。次のページに飛ぶのに時間がかかるし、広告多いし、うーん、他にも良い店ありそうだけどなあ…」って感じになります。

あと食べログも、色々と言われてて、ホントのところはどうなんだろうっていうイメージがどうしてもありますよね。

ちなみにbar bossaは以前は3、5以上だったのですが、それから一つもコメント増えていないのに3、1まで落ちました。

でもこれもやっぱり詳しい計算方式は発表されてないので何が真実なのかはわかりません。でも色んなことが公開されていなくて不透明ってことがみんなイヤがりそうですね。

 ※

さて、それと比べて、インスタは「#渋谷カフェ」と入れてしまえば、「ワーッ」と写真が出てきます。

そして、もちろん誰かが意図的に宣伝している投稿はあるはずですが、やっぱり個人が普通に行ってみて「みんなここオススメだよ」というのがほとんどのはずです。

だって、「インスタでカフェの写真を投稿する」ということは、「私、このカフェ、すごく良かった。こんなカフェでお茶を飲んでいる私ってすごくお洒落でしょ」って意味ですよね。「ちょっとダサいけど、まあ☆3つ」なんてカフェはインスタで投稿すると、フォロワーに趣味を疑われますからね。

はい、インスタであがっているお店は、ほとんどが「誰かのすごくお気に入りのお店」なんです。

本当の意味での「口コミ」に近いのでしょうか。

 ※

そんなことを色々と考えていたのですが、やっぱり「スピード」が一番のポイントのような気がしてきました。

例えば、あなたが渋谷のあの雑踏の中で「カフェ、どうしようか」って友達といるシーンを想像してみてください。

グーグルで検索しても、しばらく上位は「うーん、これじゃないなあ」っていうのしか出てこないですよね。

食べログにいっても、「うーん、これ、どうなんだろうなあ。点数は3、2かあ。良いって書いている45歳グルメ大好きオジサンもいるけど、コーヒー高いって怒っているパン好き女子もいるなあ、これ書いている人がどんな感じなのかわからないから、どうなんだろうなあ」って感じになると思うんです。

でも、インスタだと、「#渋谷カフェ」で、パッと画像がたくさん表示されます。

で、「あ、このパンケーキ食べたい」ってクリックしますよね。そして、それを食べている女の子の写真を見ると、「あ、この子がオススメなんだ。お洒落だ。大丈夫」ってなります。

たぶん、そこまでたどり着くのに5秒もかからないと思うんです。

グーグルと食べログではやっぱり何かと「この店だ!」ってたどり着くのに5分とか10分とかの時間がかかりますよね。

さらにスマホに関しては「電力が少なくなる」という問題もありますし。

 ※

思うに、「スピード→無駄な時間を使いたくない」という欲求が一番今は強いと思うんですね。

特に、渋谷の雑踏で、「いろんな文字の羅列」って読みたくないと思うんです。

それと比べて、「写真」に写り込んでいる情報量ってすごく多いのに、識別するのに2秒もかからないんです。

「あ、これ食べたい」とか「あ、このお店、可愛い」とか「この写真をアップしている女の子、すごくお洒落」とかっていう情報が、「一目」で伝わるんです。

その「スピード感」と「写真というすごく情報量が多いけど、一目でわかる」というポイントが「若い人がお店探しをするとき、グーグルや食べログを使わないで、インスタで探す理由」なのではと思いました。

それよりも、「ここ大好き!」っていう「オススメ」ばかりの写真がズラッと並んでいる中から、自分の感覚で選ぶのが「一番早い」のだと思いました。

 ※

これ、他のことでも関係あるような気がします。

スマホで「ネガティブやまあまあといったみんなの意見」は、あまり必要なくて、「これが大好き!」だけをみんな知りたいような気がしました。

 ※

もしご興味あれば、僕のインスタのアカウントはこちらです。いつも「いいね」を押してくれている方、本当にありがとうございます。人気投稿に入れるのは、あなたのおかげです。→ https://www.instagram.com/barbossahayashi/

#コラム

色んな質問に答えた本が出来ました。『ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信』 https://goo.gl/dZ32IW 立ち読みできます!https://goo.gl/Q6mRvL

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。→ https://note.mu/bar_bossa/n/n1fd988c2dfeb

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています(大したこと書いてません)。今日は「昨日、モカチーノという飲み物を」です。

この続きをみるには

この続き:177文字

若い人がお店を探すとき、グーグルや食べログを使わず、インスタを使う理由を考えてみました

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
91

林伸次

Web

1つのマガジンに含まれています