女性の喋り方バンザイ

男性が理解できない女性の言動のひとつに「話題があちこち飛びすぎて、何が言いたいのかわからない」というのがあると思います。

例えばこんな感じです。

「最近、モテと非モテみたいな話題多いじゃないですか。

で、モテる秘訣のひとつに料理が出来るっていうのがあると思うんですけど、以前は得意な料理はって聞かれると『肉じゃが』って答えるのが『家庭的』とか『おふくろの味』みたいな感じで正解だったらしいんです。

でも最近は『得意な料理は冷蔵庫にあるもので間に合わせで作るもの』って答えるのが正解らしいんですよ。

でもそれって『得意な料理』じゃないし。

料理って私思うんですけど、別にやろうと思ったら誰でも出来るんだけど…」

この感じの会話、男性は「あれ? モテ非モテの話はどこに行ったの? なんで料理の話なの?」って気になっちゃって、もう女性の会話の展開についていけないんですよね。

で、ついつい男性は「ねえ、最初に言ってたモテる話はどこにいったの?」って質問しちゃうんです。

ええと、女性としてはそうじゃないんですよね。

これ、会議じゃないんだから、テーマがあって結論を話すんじゃないんだから、私が話したいことを話して、あなたは「なるほどね」とか「それ面白いね」って言ってれば良いんだからって問題なんです。

でも男性はついていけないんですよね。

ちなみに僕はすごく「女性脳」らしくて、女性のこういう「どんどん話が違う方に展開していく」のってすごく好きだし、どんどん景色が変わる川の流れを見ているみたいで結構一緒に楽しめるんです。

そして、僕は文章を書くとき、この女性の喋り方のスタイルをよく採用しています。

ひとつの話題を出しておいて、そしてその後、連想ゲームのようにちょっとずらした話題に移して、そしてまた…、というのを繰り返して、全部まとめて「包括的な、大きいお母さんのような、なんとなくイメージが伝わる」って感じの文章をたまに試みています。

男性脳の「起承転結」がはっきりしているカチッとした文章も良いのですが、全体像としてジワジワと伝わる文章もありかなと思っています。

女性の喋り方バンザイです。

#コラム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
103

林伸次

興味ほいほい

1つのマガジンに含まれています

コメント13件

田端さん 田端さんはすごく女子力ありますよね。これって他の男性にはない武器になるなって最近わかってきました!
ダテに女性誌読みまくってないっすw。女子会やってそうなレストランとかカフェとか大好きです。
すみません、書いている文章が別の方へ向かっていったら、一度時間を置いて、別々の文章に切り離しちゃうんです…時々、女の人は、普通のカレーにアレコレ入れるけど、男性は余計なもの入れて欲しくないって聞くんですが、それに似た印象を受けました。(世代もあるとは思いますが、女性は応用し過ぎて元の料理が分からなくなりやすいっていう話です)
共感できます。面白い!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。