賭けダイエットと自費出版

※土曜日は読む人が激減することが判明したので個人的な話を。

ダイエットが成功する一番の方法は「賭け」だと思います。

僕のある友人二人が、「○までに○キロ痩せる。痩せてなかったら10万円払う」といった「賭けダイエット」をやってたんですね。

金額、結構絶妙ですよね。「大人どうしの本気の賭けだったら払うだろ」ってくらいの金額なんだけど、でも払うとしたら「痛いなあ」って感じの大金ですよね。

 ※

こういう「賭け」ってすごく効果があるなと思ってまして、昔、僕は伊崎くんという男性としたことがあるんですね。

彼、東大を出て、東芝に入ったのですが、「やっぱり自分は何か創作活動をしたい」と言ってまして、僕も当時、「本を出したい」と思ってたので、「3年後までにお互いが本を出すか、何か個展のようなものをやらなかったら、今の仕事を辞める」という「賭け」をしたんです。

で、僕はその後、『ボサノヴァ https://goo.gl/JMGBeB 』という本を書いたんですね。それでまあ、bar bossaは閉めずにすんだんです。

でも伊崎くん、何もやらなかったんです。

僕としては「そんな人生がかかってることだし、気にしなくても良いよ。東芝でずっといて」と言ったのですが、伊崎くん、「いや、ちょうど辞めようと思ってたので」とかなんとか、詳しい話は忘れたのですが、東芝を辞めて、実家の「島原そだち http://shimabara.cc/ 」を継いだんです。 

 ※

実は僕、1年くらい前にも似たような「賭け」をしてしまいまして、このnoteでも書いている灰谷魚さん https://note.mu/haitani と tamitoさん https://note.mu/tamito1980 と3人で飲んだんですね。

それぞれみんな、「文学作品を出したいな」と思ってまして、3人で「3年以内に小説か詩の本を出さなかったら今の仕事を辞める」って「賭け」をしてしまったんです。

僕としてはbar bossaを閉店するつもりはないので、すごく頑張ろうと思っているのですが、もし期限が近づいて、無理そうだったら「自費出版だな」と思ってるんですね。

 ※

さて、このnoteでも書いているMelancolia Storytellingさん  https://note.mu/melancolia が八鳥 http://shop.hatidori.jp/ というところから本を出していまして、こういう感じの本が届きました。

すごく良いですよね。自分だけの世界観で、こういう本を出すのもアリだなあと思いました。

#コラム

飲食店って本当に面白いなあって感じの本を出しました。『バーのマスターは「おかわり」をすすめない 飲食店経営がいつだってこんなに楽しい理由』 https://goo.gl/oACxGp

僕が選曲したCDです。Happiness Played In The Bar -バーで聴く幸せ- compiled by bar bossa → https://goo.gl/tOKcGu

iTunesでも配信しています。→ https://goo.gl/9QJywf

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。→ https://note.mu/bar_bossa/n/n1fd988c2dfeb

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています(大したこと書いてません)。今日は「おかげさまで質問がたまりまして」です。

この続きをみるには

この続き:75文字

賭けダイエットと自費出版

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
46

林伸次

渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n