見出し画像

日本人が醤油から逃れられる日、と7月13日の日記

「日本の料理って結局、全部、醤油味だから、単調で面白くない」って外国人に批判されているのはご存じでしょうか?

想像してみてください。肉じゃが、蕎麦、天ぷら、寿司、うなぎの蒲焼き、焼き魚、豆腐の冷や奴、すき焼き、ほとんどの日本の料理の「最終的な味付け」は醤油です。

僕たちはそれぞれ、「出汁の有無」や「みりん」や「わさびやしょうが」といった違いから「全部が醤油味じゃない」と思ってますが、外国人にとってみたら、「全部が醤油味」なんですよね。

まあ別にこれが日本の文化だから、「全部が醤油味で何が悪い」って感じで堂々としてても良いのですが、今、日本の料理人の中では「そうだよな。本当に全ての料理に醤油を入れる必要があるのだろうか」って考え直して、「醤油に頼らない日本料理」っていうのを考えているそうなんです。

※この文章だけ単品で100円で買えますが、300円(ペットボトル2本分)でこのマガジンを購入すると、1ヶ月30本くらい読めるので1本10円です。そちらがお得です。

この続きをみるには

この続き:1,936文字
記事を購入する

日本人が醤油から逃れられる日、と7月13日の日記

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
77

林伸次

渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n

bar bossa林伸次の毎日更新日記と表では書けない話

読んだ本、買ったレコード、食べたもの、妻が作ってくれた料理、会った人との話、思いついたこと、街で見かけたこと、時事ネタ、そしてちょっと表では書けない話を毎日、1000字くらい書きます。
4つ のマガジンに含まれています