クウネルの批判コメントのことと変わり続けなきゃということ

クウネルのリニューアル第一号が、アマゾンのレビューで叩かれているのが話題になっていますよね。→ http://goo.gl/9x9gnQ

僕はクウネルの読者だったわけでもないし、フランス特集や他の記事が今の時代にどうなのかということもよくわからないのですが、批判コメントを見ていて、「あ、これはあれだ」と思いました。

お店ってどうしても「流行り廃り」があるので、長く続けていくにはどこかの時点でおもいきって「リニューアル」をしなきゃいけないんですね。

わかりやすいところで言えば、昔のイタリアンで、ギンガムチェックのテーブルクロスを机にかけて、メニューで「かるぼな~ら」というあえてのひらがな表記で、「シェフのきまぐれサラダ」という「きまぐれ」が「すごく意外」でお洒落だったんです。

でも、でも今だと時代的に「?」って感じですよね。

するとどうしても「お客さまの数が減少する」から「リニューアルをしよう」と経営者は考えるわけです。

で、僕の経験上、リニューアルをしたら、必ず「前の方が良かった」って言う人がある一定数出てくるんです。

前に働いていたフェアグランドというバーも僕が勤めていたときにおもいっきりリニューアルをしたのですが、かなりの方に「前の方が良かった」と言われました。

オーナーの中村さんは「前の和っぽいバーはバブルっぽくて古いなあ。これからはサロンっぽい感じだな」と考えてリニューアルしたんですね。

そしたら、結果、新しいサロンっぽい雰囲気の方がスキなお客さまが増えて、それにあわせて「クローズドなパーティ」もたくさん企画して、お店は新しく蘇ったんです。

              ※

僕は自分がお店を経営しているし、しょっちゅう何度もお店の方針や営業時間やメニューを変更しているので、「前の方が良かった」って言われるのにはもう慣れています。

そしてそういう「前の方が良かった」っていう方は、そんなことを言いながら、「新しくて今話題のお店」にはたくさん通ってて、僕のお店に来る回数は激減しているわけです。

でも、営業時間を変えたり、メニューを変えたりして、久しぶりに来店されたら「前の方が良かった」って仰るんです。

              ※

ボブ・ディランがアコースティック・ギターをやめて、エレキ・ギターにかえたら、ひどく批判されたという有名な話がありますよね。

ディラン、今までのイメージを捨てて、エレキ・ギターに持ちかえるの、かなり勇気が必要だったのではないでしょうか。その時のディランの気持ちを考えるといつも「変化し続けなきゃな」と思います。

              ※

僕は、「何も変えられないまま、ズルズルと過去にひきずられる」のよりも、とりあえず出来る限りのことをして、「変えよう」とやってみるという「姿勢」がすごく好きです。

というわけで、クウネル、頑張って下さい!

#コラム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
82

林伸次

コメント16件

林さん、がんばれ
千賢さん ありがとうございます!
誰かが(何かが)変わったところを目の当たりにすると、(今のままではダメだと分かっているけれど変わろうとしない)自分自身を見るのが辛かったり、焦ってしまったりして、つい批判的なことを言って、自分を守ろうとしているのかなぁと考えています。
小さなさん そういうことありますよね。わかります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。