誰の顔になりたいか

※土曜日は読む人が激減することが判明したので個人的な話を。

不意打ちでガラスに自分がうつっているのを見たり、自分の写真を見たりすると、「思ってたより自分の顔ってそんなにイケていない」ってたまに感じますよね(感じませんか? ごめんなさい)。

やっぱり人って「自分のことを過大評価している」んですよね。悲しいことに。

そういう「自意識」のようなことを探るのってすごく興味がありまして、色んな風にしてその人の自意識をつかんでみようと思うんですね。

それで最近は「もしその顔をおもいっきり変えられるとしたら、例えば誰の顔になりたい?」っていう質問を思いついたんです。

で、妻に「誰の顔になりたい?」って聞くと、しばらく考えて「井川遥」って言うんです。

ごめんなさい。僕、テレビを夜中に見れないので、とにかく芸能人の名前と顔があわなくて、「あの胸の大きい人だっけ」って聞くと

「井川遥は胸が大きい印象はないなあ、たぶん誰かと勘違いしていると思うよ。イエローキャブとかじゃないよ。ウイスキーがお好きでしょの人だよ」って言うんです。

「ああ、あの人。なるほどね」

あのですね、井川遥、ルックスは妻とは全然違うのですが、妻のキャラクターというかイメージとちょっとかぶるんです。

→ちなみに妻のルックスは、金メダルをとったときの荒川静香に似ています。

僕は「ウイスキーがお好きでしょのCM」しか知らないのですが、うちの妻もああいうカウンターでハイボールを作ったら似合いそうな雰囲気ではあるんです。

で、なるほどなあ、やっぱり「自分のイメージやキャラクターの延長線上の人になりたいんだなあ」とか思っていたら、

「ちょっと待って。違う。私はすみれになりたい」って言うんです。

石田純一の娘さんですみれっていうモデルの女性がいますよね。あの子の顔、あの子のスタイルになりたいのだそうです。

「どうして?」って聞くと「最強じゃない」って言うんです。

そうかあ、妻は実はそんな願望があったんだなあって思ってかなりびっくりしました。

例えばあなたは「すみれ」になりたいですか? カッコいいとは思うけどみんなはすみれにはなりたいと思わなさそうですよね。いや、なりたいのかな。

 ※

ちなみに僕は女性だったら「緒川たまき」のルックスになりたいです。うーん、緒川たまきになったら毎日自分の鏡を見て、うっとりしちゃうだろうなあとか思います。

男性だったら。どうもうまく思いつかないのですが、アラタ(今は井浦新なんですね)とかどうかなあと思います。僕がアラタになったらすごく女の子を口説きまくるだろうなあ、ということは今の自分はルックスが自信がないんだろうなあとか考えてしまいます。

あなたは誰の顔になりたいですか? それって結構いろんな「自分」を写しているような気がします。

#コラム

色んな質問に答えた本が出来ました。『ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信』 https://goo.gl/dZ32IW 立ち読みできます!
https://goo.gl/Q6mRvL

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。→ https://note.mu/bar_bossa/n/n1fd988c2dfeb

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています(大したこと書いてません)。今日は「今年の夏風邪って」です。

この続きをみるには

この続き:121文字

誰の顔になりたいか

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
40

林伸次

何度も読み返したい素敵な文章の数々vol.10