バー・ムーン・ビーチ 月を眺める少年

今夜は誰もお客様が来ない。バーにはそういう夜もある。

私は看板をいれて、灯りを消し、店を閉めた。

気の抜けたクレマン・ド・ロワールをグラスに注ぎ、ぼんやりと飲んでいると、「そうだ、久しぶりに地球を眺めてみよう」と思いついた。

ご存じのように、月から眺める地球はとても美しい。望遠鏡をとりだし、私は地球を眺め始めた。

すると、こちらを望遠鏡で見ている少年と目があった。

私は右手を軽く振ってみると、少年も右手を振って答えてくれた。

少年が紙に何かを書きこちらに見せた。

その紙を、目を凝らして見ると「どうして月にいるの?」とあった。

私も急いで紙に書いて答えた。「地球上で起こる全てがイヤになって月に逃げたんだ」

すると少年がまた紙を見せた。「ならどうして地球を見てるの?」

私は紙を見せ「大人になればわかるよ」と答えた。

少年からの返事はない。

私はこんな質問を少年にする。「どうして君は月を見ているの?」

少年が答えた。「僕はこのままずっと大人になんてなりたくないからだよ」

私は残ったクレマン・ド・ロワールを一気に飲み干した。

#小説

お酒やバーについての僕の本です。『バーのマスターはなぜネクタイをしているのか?』 https://goo.gl/QGdp48

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。 

この記事は投げ銭制です。面白かったなと思った方は下をクリックしていただけると嬉しいです。おまけでちょっとした個人的なことをほんと短く書いています(大した事書いてません)。今日は「質問箱」です。

この続きをみるには

この続き:80文字

バー・ムーン・ビーチ 月を眺める少年

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
29

林伸次

バー・ムーン・ビーチ

月にあるバーの話です。