タイムスリップ・デート

「あ、そのアーティストの来日公演、僕も行きましたよ。1992年でしたっけ。あれって、2回公演がありましよね。どっちに行きました? ええ! 僕も1回目の方です。じゃあ同じ場所でいたんですね。ちなみにどの辺りに座ってました。え、僕もその辺りです。うわー、もしかして隣だったりしてたらすごいですね」

なんてことって、たまにありますよね。

あるいは「え? あのカフェでバイトしてたんですか? 僕、週に一回は行ってましたよ。何年頃に働いてました? あ、じゃあ僕絶対に会ってます。女性の店員って何人かいましたよね。うーん、10年以上前だからそこまでは覚えていないんですけど。でも、絶対に一度は会話は交わしてますね。不思議ですね」

なんてこともあったりしますよね。

僕はこれを「タイムスリップ・デート」と呼んでます。今の世界から見て、「あ、僕たちあんなにすぐ近くまでいたのに、どうしてその時、僕たちは『出会わなかった』んだろう?」って感覚です。

あるいは彼女の過去の話を聞いて嫉妬してしまうときもありますよね。

「20歳の誕生日はパリですごしたんだけど」とかって聞いてると、あれれ、これどう考えても女友達と行った感じじゃないな、でも、「誰と行ったの?」って質問するのもみっともないな、でもうーん気になる。気になるとますます嫉妬の嵐が襲ってくる、なんて時もあります。

そして先日、気がついたのですが、「3.11の時、どこで何をしていたか」って話、あの時、日本列島にいた人はみんなしますよね。

一昨年とか去年くらいまでは、あんまり思わなかったのですが、今年辺りから「3.11以降に知り合った人」という人が増えてきたので、「あ、そうなんだ。当然なんだけど、あなたもあの日、この日本でいて、同じ驚きを体験して、その後、大変な思いをしたんだなあ」って感じることが何度かありました。

そしてこれから毎年、僕たちは「3.11の時は」っていう言葉を繰り返すことになりますよね。

今は幼い子供もあと何年かすれば「3.11の時はまだ赤ちゃんだったんだけど」なんて会話になりそうです。

そして、いつかは「3.11の時はまだ生まれてなくて」っていう会話を聞くことになりますよね。もちろん。

そんな頃、この世界はどうなっているんでしょうか。「昔は良かったよね」なのか、それとも。

#コラム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
28

林伸次

渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n

コメント3件

そういうことありますね。タイムスリップデートって表現面白いです。3.11の時何してた?の前に1.17はどうしてた?と言ってた頃がありました。夫が一人暮らししていたアパートが全壊して私の住む町に引っ越してこなければ、出会いはなかったのかなと話した後、林さんがおっしゃっている、あの頃自分はこのお店に毎日のように行ってた、アレ?なんで会ってないんやろね〜みたいなことをよく話してました(笑)
unimamさん そういう思考、楽しいですよね!
3.17のころは何してた? と言う話は、サークルで話題になりました。なかなか気づかない小さなことを注目できるなんてすごいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。