コミュニティを作りたい人はお店をやれば

最近、いろんなところで、「コミュニティ」って言葉を聞くんですね。

それでいつも思うのは、「だったらお店やればいいのに」ってことなんです。

三軒茶屋にウグイスというビオワイン・ブームの先駆者的な有名なお店があるのはご存じですよね。

先日、そのオーナーの紺野さんにインタビューしたのですが、ウグイスさん、300万円で始めたそうなんです。

はい、小さいお店で、自分たちでトンカン内装をする覚悟があれば、都内のちょっと外した場所とか、ビルの3階とかで、300万円あればお店って始められるんです。

300万円って、今の人たちならクラウド・ファンディングで簡単に集められそうですよね。

さらに、「お酒を出すのに資格が必要」とか色々とみなさん誤解しているのですが、食品衛生責任者っていうのをとって(たしか二日間の講習でとれます)、保健所に許可をもらえれば、日本って誰でも飲食店、始められるんです。

 ※

ちなみに、「純粋に飲食店として儲かる店舗にする」って今はすごく難しいです。

まず目安として、「3日分の売り上げで家賃を払えたら、そのお店は儲かっている」というのがあります。

8坪くらいの小さいお店で、都心で15万円と考えたら、一日5万円の売り上げが必要です。

例えばカフェだと、コーヒー1杯500円としたら100人のお客様が必要です。軽いスイーツを頼んでいただいたとして一人1000円と考えて、50人のお客様が必要です。

8坪のお店で50人のお客様が毎日来店するってかなり難しいです。

バーだと単価2500円(お一人が平均2500円使っていただけると考える)で、20人の来店が必要です。

ちなみに8坪のお店で20人毎日来店するって、そうとう、そのマスター人気者です。まあ難しいです。

ビストロと考えて、単価5000円だと、1日10人来店すればOKですが、単価5000円使っていただける料理やワインを用意して、毎日10人の来店が見込めるのって、そうとう腕や経験のあるシェフです。

はい、普通に、王道の飲食店をやるとすれば、かなり難しいです。

 ※

でも、そこをコミュニティの場にして、例えば壁を1週間1万円で貸して、絵や写真を展示して、売れたらその何割かをいただくってことにするとか。

あるいは、読書会や、ワイン会や、英会話教室や料理教室を常に開催するとか、あるいはライブや落語会や朗読会なんかを常にいれるとかすれば、家賃は出るし、スタッフも雇えます。

 ※

あるいは昼は編集作業が出来る事務所にしたり、フリーのライターやデザイナーや編集者に場所貸ししたりして、夜はバーに変わるとか。

昼は「映画館」になって、夜はバーに変わるとか、そういう「二毛作」もありかと思います。

あるいは最悪、そこに住むっていう手もあります。

とにかく、お店って人が集まります。

コミュニティづくりをしたいという人、お店をやればいいのになあといつも思います。

バーのお酒のそろえ方やお酒の扱い方、教えますよ。

#コラム

色んな質問に答えた本が出来ました。『ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信』 https://goo.gl/dZ32IW 立ち読みできます!
https://goo.gl/Q6mRvL

bar bossaに行ってみたいと思ってくれている方に「bar bossaってこんなお店です」という文章を書きました。→ https://note.mu/bar_bossa/n/n1fd988c2dfeb

この記事は投げ銭制です。面白かったなと思った方は下をクリックしていただけると嬉しいです。おまけでちょっとした個人的なことをほんと短く書いています(大した事書いてません)。今日は「昨日の出会い会」です。

この続きをみるには

この続き:106文字

コミュニティを作りたい人はお店をやれば

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
97

林伸次

渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n

グッときた記事memo