どうして文字で伝えるのか?

たまにバーでこういう人を見かけます。

テーブルの上に常に携帯電話が置いてあって、「ジー!」と鳴ったら「もしもし。うん。今渋谷で飲んでるんだけど大丈夫」と話しながら、店の外に飛び出す人です。

夜に楽しくバーでお酒を飲んでいるのに、お仕事の電話なのでしょう、大変だなあといつも思っていたのですが、最近、そういう人って減ってしまったなあと思いませんか。

なんかそういう「忙しそう」なのがカッコ悪くなったのかなとか考えてたら、「携帯電話で電話を使うこと自体」が少なくなったのだそうですね。

携帯電話の「電話機能」使っていますか?

もしかして最近は全く使わないで、ほとんどLINEやメールですましているのではないでしょうか。

それってどうしてなんだろうとずっと気になっています。

インターネットとか通信といった道具って「便利な方にどんどん流れていく」というのが当然の法則ですよね。

「便利」という意味では「文字」で伝えるより「声」で伝えた方が情報量が多いし、「テレビ電話」の方が表情といった情報も加わるからもっともっと「正確に相手に伝わり」ます。

でも「テレビ電話」って一向にみんな使おうとしないですよね。今となっては誰でもスマホやタブレットで使えるはずなのに、僕は誰かが使っているのを見たことがありません。

そしてLINEの出現で電話料金も無料になったのに、やっぱりみんな電話機能は使いません。

というか、すぐソバにいるのにLINEで連絡するのも今は本当に普通ですよね。

これってどうしてなんだろう、今やテレビ電話も可能なのにどうして僕たちは「文字で伝える」のを最終地点として選んでいるのだろう、とすごく気になります。

考えられる理由はこんな感じでしょうか。

●電話やテレビ電話やリアル会話だと、場の雰囲気に支配されて、「本当に伝えたいことが伝えられない」。

→これは「別れたい」とか「会社をやめたい」なんていうのは文章で伝えたくなる現象と関係がありますね。

●ちょっとした言い間違いや誤解を避けたい。何度も文章を読み直して、「よし、これこそが自分の言いたいことだ」と納得して送信したい。

→どういうわけだか、生の会話の方がうまく伝えられない「すれ違い」が多いんですよね。

●生の会話やテレビ電話は、服装や化粧を考えなきゃいけない。同じように電話も暗い声では出られないから、多少はテンションを上げて「お、久しぶり!」って出なきゃいけない。

→やっぱり「生な触れあい」って結構気を使うから面倒くさいし疲れるんですよね。

                 ※

たぶん僕たちは「感情を表現をコントロールしたい」んです。

そして、僕たちは「誰かと感情をぶつけあうのは面倒くさい」と感じているのだと思います。

もしかして、本当は僕たちは「誰かと感情を交わす」のを好まないのでしょうか。

本当は「生の感情」って結構、面倒くさい、出来ることなら避けておきたい現象なのでしょうか。

そしてもう全ての気持ちは「感情は乱れずフラットなままで」、「文字」で伝えることになるのでしょうか。

何かが変わっている瞬間なんだろうなあ、ってことが気になる46才の冬の始まりです。

#コラム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
55

林伸次

渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n

ふむふむ

1つ のマガジンに含まれています

コメント9件

たしかに静かなペースで文字にして伝えるほうが楽だったりしますね。そして恋や愛を感じる言葉があるとうれしい冬のはじまりです 笑
CHOCOさん 仕事の場合、証拠って言うのがありそうですね!
Chisatoさん そちらも冬、始まりました?
電話ですと相手の時間に無造作に割り込むからではないでしょうか。会うにも相手の都合があります。メールやラインは相手の都合で確認と返事ができます。ラインで「今電話してもよろしいでしょうか」を確認しあいます。それが暗黙のルールになっていてなんだか世知辛さも感じます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。