お客さまを「損した気持ち」にさせると行動してくれる

お店ってとにかく「一度来店してもらう」のが大変です。

初めてのお店って「すごく美味しいらしい」とか「とにかく安いらしい」とか「店員がイケメンあるいは美人らしい」とか、何か「行きたい理由」が必要なんです。

で、やっとの思いで、一度来店していただきますよね。その次の2回目に来店してもらうのが、これまた大変なんです。

あなたはそういう「たまに行く小さな飲食店」ってありますか?

スターバックスとか吉野家みたいな大手は何度も行くという経験あると思います。

でも小さいお店で通うって「ちょっとだけ心理的負担」のようなものがありますよね。

「距離間をどのくらいにしたら良いのか」とか「通いすぎじゃないか」とかちょっと難しいです。

それが「大手」だと、最初から向こうが「お久しぶりです」とか「今日は暑いですね」とか言ってこないから、毎日通っても良いし、たまに行ってもいいわけです。

でも、小さいお店ももちろん「たまに来店してもらう」のが全てなんです。

とか言いながら、僕も正直に言ってしまうと、お店って「一回行くともう満足」です。すごく美味しかったり、すごく良い雰囲気だったりしても、もう一回行く理由って本当にあまりないんですよね。

               ※

でも、もう一度来店してもらうためにいろんなお店で試みるのが「スタンプ・カード」とか「次回来店の時、一杯目サービス券」とかでしょうか。

もう一回行ったら「得をする」というパターンです。

               ※

ところで人間って「得をする」というのではあまり動かないけど、「損をする」のにはすごく動くという「行動心理」があるのはご存知でしょうか。

有名なのがこれです。

スーパーで「レジ袋をいらない」って伝えると「2円安くなる」というのがありますよね。「2円得する」わけです。でも「2円得するからマイバッグを持っていこう」とは僕らは思いません。

逆にスーパーで「レジ袋は2円かかります」というお店ってありますよね。あれは「2円損する」から、僕らは「損をするのはイヤだから」マイバッグを持っていくわけです。

同じ「2円」なのに、得をする場合はマイバッグは持参せずに、損をする場合はマイバッグを持参するんです。

「損をする」って僕らはかなり「行動してしまう」んです。

                 ※

僕の自宅の近所にワインバルが出来まして、そこ、とにかく入ってるんです。大繁盛しているんです。

「何か美味しいおつまみがあるのかなあ」とか「ワインのセレクトがすごく良いのかなあ」とか「スタッフがすごく良い感じなのかなあ」とか、すごく気になってたんですね。

でも、休日はやってなくて、僕は行けなかったのですが、先日GWはお店を開けていたので、行ってきました。

どうして入っているのかわかりました。

「コイン方式」にしているんです。

まず最初にそのお店のコインを買うんですね。

それがコイン5枚500円か、コイン10枚1000円しか買えないんです。

で、ハウスワインは300円だったり、おつまみは100円だったり、女性の初めては100円引きだったり、とにかく「コインが少し残ってしまう」んです。

僕らは1杯だけ飲んですぐに帰るつもりだったのですが、コインが中途半端に残ったので、また500円で5枚買って、もう1杯飲んだのですが、またコインが1枚残りました。

これ、たぶんもう一回、行っちゃうんです。

というのはコインが1枚手元に残っているということは「100円支払ったのにそれを使っていない」ということなので、僕は「損をしている状態」なんです。

これが「次回、またどうぞ」という「1ドリンク無料チケット」の方が「500円とかの得」なのに、僕はそのお店に行かないんです。

でも「損をしている」ってどういうわけか「取り返したくなる」んですよねえ。

すごい発明だなあと思いました。もちろん「流行っている理由」は他にもあるとは思うのですが、この「コインを買って残ると損をした感じがするからもう一度行く」という理由はすごく大きいと思います。

思わず、bar bossaも全部立ち飲みにして、bar bossaのすごく可愛いコインを作って、その方式にしようかと思いました。

               ※

「損をするくらいなら」という方式、すごく「行動する理由」になりますよね。

僕、ヨガのスタジオに毎月1万円払っているんですね。これも「払った以上は通わなきゃ損」って自分で思っているので、通うんです。

だからライザップも「大金を払った以上は時間をたっぷり使った以上は、これだけ頑張った以上は元を取りたい」という気持ちをうまく利用しているのかもしれないですね。

ビジネスも「もう10億円もつぎ込んだから、今さらやめられない」という時がさらにつぎ込んじゃうんですよね。

                ※

僕は他の「方式」をまだ思いついていないのですが、この「損をするくらいなら動こう」という人間の心理をうまくついたサービス、何か思いついたら大金持ちになる可能性ありです。

インターネットで先に10万円を支払わせるとかってどうでしょうか。うーん、それより先を思いつきません。後はみなさんにバトンタッチします。

#コラム

僕のcakesの連載をまとめた恋愛本でてます。「ワイングラスのむこう側」http://goo.gl/P2k1VA

この記事は投げ銭制です。この後、オマケで僕のちょっとした個人的なことをすごく短く書いています。今日は「渋谷の意外とみんなが知らない名店」です。

この続きをみるには

この続き:240文字/画像1枚

お客さまを「損した気持ち」にさせると行動してくれる

林伸次

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
168

林伸次

渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n

また読みたいnote

4つ のマガジンに含まれています